ビリー・マッケンジー (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Billy Mackenzie
ビリー・マッケンジー
Billy-Mackenzie-Dundee-Scotland-1985.jpg
基本情報
出生名 William MacArthur MacKenzie
出生 1957年3月27日
出身地 スコットランドの旗 スコットランドダンディー
死没 1997年1月22日(満39歳没)
ジャンル ニュー・ウェイヴ
職業 シンガーソングライター
活動期間 1976年 - 1997年

ビリー・マッケンジーBilly MacKenzie (本名 William MacArthur MacKenzie 1957年3月27日1997年1月22日)はイギリススコットランドにあるダンディー市出身の歌手シンガーソングライターアソシエイツのヴォーカリストとして活躍した。

来歴[編集]

1957年、父ジムと母リリーの間に6人兄弟の長男として生まれる。子供の頃から歌自慢で、トム・ジョーンズナット・キング・コールビリー・ホリディなどの曲を歌って育つ。

中学校卒業後、仕事に耐えられずニュージーランドアメリカを放浪する。17歳の時にクロエ・ダマーと結婚するも半年もせずに離婚して帰国。彼女の兄、メルヴィン・ダマーハワード・ヒューズから偶然に莫大な遺産を相続する少し前のことだった。

1976年、スコットランドでアラン・ランキンに出会い、the Ascorbic Onesを結成し、1979年にアソシエイツと改名。しかし1982年にアソシエイツは"Party Fears Two"や"Club Country"などのヒット曲を出すが、アランとのツアーをめぐる意見の対立でグループとしては解散。その後は1990年までビリー自身のソロプロジェクトとして稼働。

1992年に初めてソロ名義のアルバムOuternationalを発表。翌1993年にアランとアソシエイツ再結成のためのレコーディングをしたが、発表に至らず決裂(2000年に発表)。

その後はSteve Aungleと組んで音楽活動をしていた。しかし、うつ病に苦しんでおり、1996年に母親が胃癌で亡くなり死に目に会えなかったことが追い打ちをかけた。1997年に父親の家の側にあった納屋で自殺しているところが発見された。死因は市販薬処方薬によるオーバードースであった。

エピソード[編集]

  • ザ・スミスのWilliam it was really nothing が発表された頃、モリッシーとビリーの間に交遊があった。しかし、ビリーがモリッシーの家から本とお気に入りのシャツを黙って持ち帰ったために交遊が途絶えた。1992年のアソシエイツ再結成時にアンサーソング Stephen, You’re still really somethingを録音するが、没後の2000年にDouble Hipnessに収録されるまで発表されなかった。
  • デビュー前にダンディー市内でcryptというブティックを経営していたことがあった。

トリビュートとカバー[編集]

  • William it was really nothing / ザ・スミス Hatful of Hollow などに収録。
  • Cut here /ザ・キュアー  Greatest Hitsに収録。
  • Say/The Creatures スージー&ザ・バンシーズのスージー・スーのプロジェクト。
  • Christ /ルーク・ハインズ The Oliver Twist Manifesto 収録。ショービジネスの悲しい側面を歌った曲。歌詞の中で名前が歌われる。
  • Party Fears Two / ディヴァイン・コメディ  Victory for the Comic Muse 収録。1982年の曲のカヴァー。
  • Barrie for Billy MacKenzie / Rockettothesky To sing you apple trees 収録。ノルウェー出身のJenny Hval という女性シンガーのソロプロジェクト。
  • Diamonds Eat Diamonds / Chris Connelly & the Bells  Blonde Exodus 収録。

参考文献[編集]

Doyle, Tom (1998). The Glamour Chase. Soho Square, London: Bloomsbury Publishing. ISBN 0-7475-3615-5.