ビリー・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
<ビリー>エドゥアルト アルベルト マイヤー
Billy Eduard Albert Meier.jpg
生誕 1937年2月3日
スイス、ビューラハ
団体 FIGU (Freie Interessengemeinschaft für Grenz- und Geisteswissenschaften und Ufologiestudien)
活動拠点 スイス、シュミットリュティ
公式サイト http://beam.figu.org/

ビリー・エドゥアルト・マイヤー("Billy" Eduard Albert Meier/ ビリー・エドゥアルト・アルベルト・マイヤー、1937年2月3日 - )は、UFOとその乗員とコンタクトをした者。1975年、UFOとその乗員にコンタクトをしたと報じられ、世界に知られるようになった。彼は1000枚以上におよぶビームシップ (光線を放つ宇宙船) の写真や8ミリフィルムを撮った。また、彼は十数巻のコンタクト記録を含む45冊以上の本、多数の冊子の執筆者でもある。

生い立ち[編集]

エドゥアルト・アルベルト・マイヤーは、1937年2月3日、スイス・チューリッヒ州のビューラッハにおいて7人兄弟の第2子として生まれた。彼の父は靴職人であった。1942年6月2日、5歳だったエドゥアルト・マイヤーは父とともに初めてUFOの目撃を体験した。それは巨大な銀色の「円盤」であった。 1942年の秋、小さなエドゥアルト・マイヤーにとって最初の、ある地球外生命とのテレパシーによる接触を体験した。同年の11月、彼は初めて、宇宙から来訪したスファートという地球外生命が操縦する地球外の飛行体で遠く旅をした。

スファートは非常に年老いた白人の男性であり、プレアデス/プレヤール [1]という星座から来訪した。地球外生命が地球の白人と似ているのは、地球の人種は、2000万年以上前、地球に追放され、野生化した宇宙人の子孫と関係があるからであるという [2]

1953年2月3日から11年間、ダル宇宙 [3]出身のアスケットという宇宙人女性から教育を受けた。アスケットの導きのもとで、彼は世界を広く、43ヶ国を旅した。その間、アスケットから (ギザの) ピラミッドに関する秘密を教えられ、アスケットに導かれて、実際にその場所を見て確かめた。アスケットはその上、エドゥアルト・マイヤーを連れて14世紀のフランスや2000年前のイマヌエル [4]の時代への旅行も可能にしたと書かれている [5]

1965年8月3日、彼はトルコのイスケンデルンでバス事故に遭遇し、左腕を失った。1965年12月25日、ギリシャのテッサロニキにおいてある女性と出会い、2か月後に結婚した。1967年2月から1969年7月までの間、トルコ、パキスタン、インドを歴訪し、暮らした。歴訪の途中で長女が生まれ、スイス帰国後に長男と次男が生まれている。

エドゥアルト・マイヤーは1975年1月28日、プレアデス/プレヤールから来訪したセムヤーゼという女性とコンタクトを開始し、その内容を公開することを開始した [6]。 この頃、彼が撮ったUFO写真やUFOの8ミリフィルムにより、彼は広く世界に知られるようになった。エドゥアルト・マイヤーは1978年6月17日、スイス民法60条に基づくFIGU(フィグ)という公益法人を友人たちと設立した。彼はその中の一員として今日まで執筆活動を続けている。

以上の彼の遍歴についての詳細は、『プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録』、『瞑想入門』の中に書かれている。現在、彼はビリー・エドゥアルト・アルベルト・マイヤーと呼ばれる [7]

ビリー・エドゥアルト・マイヤーは日本ではUFO関係の雑誌や単行本で紹介された [8]。 また、UFOの写真や8ミリフィルムは1981年に当時の日本テレビ矢追純一による木曜スペシャルで詳しく紹介された。その後、ビリー・エドゥアルト・マイヤーの著作は日本で個人的な翻訳がなされたが、1991年からはFIGU-JAPAN(フィグ・ヤーパン)により、2012年からはFIGU-LANDESGRUPPE-JAPAN(フィグ・ランデスグルッペ・ヤーパン)により、FIGUの正式許可の下で翻訳出版されている。ビリー・エドゥアルト・マイヤーの著作物はFIGUによって管理されており、その写真や文章などの引用はFIGUの許可をとって行う必要がある。日本においてはフィグ・ランデスグルッペ・ヤーパンの許可が必要である。

活動[編集]

1975年の地球外のセムヤーゼという女性とコンタクトを開始した頃より、ビリー・エドゥアルト・マイヤーは地球外生命の協力によって、非常に多くのUFO写真やUFOの8ミリフィルムを撮って公表した。また、UFOに使用される精製過程の金属片なども公表した。これらは世界的に物議を巻き起こした。 これらの写真やフィルムや金属は当時のNASAの科学者や著名な金属学者によって分析され、偽物と証明するものは何一つないと報告される一方で、いくつかのUFO団体やUFO関係者から否定論が主張された。彼の多くの写真や8ミリフィルムは、主に1975年からの1、2年に集中している。その後、写真やフィルムやそれに関する議論が独り歩きし、彼の活動は一般にあまり知られていない。

しかし、ビリー・エドゥアルト・マイヤーの主な活動は膨大な執筆活動である。ビリー・エドゥアルト・マイヤーは多数のコンタクト記録を公表し続け、1975年1月28日以来、 2010年12月中旬の今日に至るまで、ビリー・エドゥアルト・マイヤーは 2000回を超える直接のコンタクト、テレパシーによる通信を行っている。その中に、多くの地球外生命との公式とされるコンタクトは519回あり、それが『プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録』という本(原書 500ページ、A4 サイズ) が公開され続けている。その他、様々な単行本を執筆した。内容は宇宙や自然、生まれ変わり、人間の精神的な内容、災害や戦争、社会問題、歴史、未来への予言 [9]、その他多岐にわたる。

この地球外の人間とのコンタクトは、ビリー・エドゥアルト・マイヤーにとって、いわば生涯の仕事になっている。

FIGUは、ビリー・エドゥアルト・マイヤーのミッションについて 、彼の関心は、幼少時からずっと続いており、それは自然やあらゆる創造的なものについて、そして深遠な哲学的なものについてであったこと、そしてその創造的なもの自体が彼にとって特別な価値であり、彼の思考の大部分を占めていたこと、そして彼のミッションは、「の教え」「意識の教え」「創造・自然の法則と掟」や「進化の教え」であり、それらを人々に啓蒙することであると説明している[10]

ビリー・エドゥアルト・マイヤーの一方の活動として、社会問題への訴えかけがある [11]

ビリー・エドゥアルト・マイヤーは最も重大な問題として、人口過剰を解消し減らさなければならないと、少年の頃から社会に働きかけてきた。人口過剰を放置すると、食料エネルギー自然破壊の点で大きな問題を発生させること。それと同時に、人間の心と体を弱体化させ、大きな疫病や社会問題を蔓延させること。そして大規模災害と解決不能な社会問題が増大し、戦争など世界の破局につながると警告してきた。1951年、1958年に2回、1959年、そして1960、70年代と1980年代に世界中の政府、様々な新聞社、放送局に書簡を送った [12]。 その後はFIGUもその問題を社会に訴えている。

また、1975年にはオゾン層の破壊の深刻さについてセムヤーゼから教えられ、専門家の科学者に書簡を送り、オゾン層破壊について社会に警告を発するよう促した [13]。同じく、死刑の廃止拷問の廃止、女性差別の廃止を訴えている。

また、原子力発電は地球の人間の科学力の手に負えないものであり、予測不能な原因から巨大な事故に発展する危険は常に高く、すべて解体廃棄すべきであると言っている。一方で地熱発電は地球人に必要な全エネルギーをまかなう力があると示唆している。それについて、宇宙の知的生命体のプレアデス/プレヤーレンですら原子力は制御できず、大事故になり、一つの惑星が住めなくなったこと、その後、彼らが地熱発電ですべてのエネルギーをまかなったという話を公開している [14]

評価[編集]

ビリー・マイヤーが世界的に有名になったきっかけは千枚以上に及ぶUFO写真やUFOビデオだが、殆どのUFO研究者からは捏造とされている。その理由とされるひとつの例は、セムヤーゼ(プレアデス/プレヤール人女性)の写真(日本ではそのように誤報されているが、正確にはダル宇宙の女性アスケットの写真)は、1974年にNBCで放送された「ディーン・マーティン・ショー」のTV画面を撮影したお粗末なものであるとされている件がある。

しかし、ビリー・マイヤーとFIGU(フィグ)はその真相を次のように述べている。それは「メン・イン・ブラック」(MIB)により似たタレントの放映場面と合成されていた。ビリー・マイヤーは1985年2月3日もプレアデス/プレヤール人からそのことを警告されていたが、重い病気だった為、覚えていられなかった。そのことが大々的に喧伝される前に、プレアデス/プレヤール人により再度、1998年5月14日にビリー・マイヤーは警告された。FIGUは、その写真は故意に差し替えられた偽物であるという発表を即刻行った。解散した以前の日本のグループも1998年頃にその通知を受けたとのことである[15]

次の例は、彼がタイムマシンで過去に行って撮影した翼竜の写真については、「Life Before Man」(Spinar & Burian著)に掲載されているイラストを撮影したトリック写真とされている(日本ではタイムマシンによる過去旅行と誤報されているが、実際は恐竜生息の発達段階に達した地球から93億8千万光年離れた惑星への1975年の宇宙旅行)[16]

しかし、これについてビリー・マイヤーやFIGU(フィグ)は、次のように反論している。当初からMIBは、彼が現像依頼する写真屋を脅迫していた。そのため、彼が1975年に撮った1500枚以上の写真の9割以上がその都度、変造されたり、似た別物と差し替えられた。これをプレアデス/プレヤール人が察知し、偽造品のネガをすべて消滅させた。しかし、当初、ビリー・マイヤーに嫉妬や反感を抱くメンバーが内部におり、彼らは脱会した。MIBは彼らを利用し、ビリー・マイヤーが撮ったものではない、科学本を撮影した1枚の翼竜写真をビリー・マイヤーのものだと宣伝させた。しかし、それらはすべてFIGUの外部から流布されており、FIGUから出たものは皆無である。なぜなら、偽造品ネガ消滅により、FIGUから出す事は不可能であるからである。また、彼らはUFO研究家は詳しい調査なしで、反感を抱く人達の宣伝をそのまま唱えているとしている[17]

主な著作[編集]

日本語訳された著作

ビリー・マイヤーの生い立ち、彼の活動の概要を紹介している著作

  • 『宇宙の深淵より』 Aus den Tiefen des Weltenraums ... Kontakte mit den Plejadiern/Plejaren 徳間書店 2001/7/31 ISBN 4-19-861396-6
    • 『宇宙の深淵より』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 (徳間書店の『宇宙の深淵より』の改訂版) 2009/2/1 ISBN 978-4-902768-07-7

宇宙の知的生命体とのコンタクト詳細記録

  • 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(1)』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 2004/11/1 ISBN 4-902768-00-3
  • 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(2)』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 2005/7/1 ISBN 4-902768-01-1
  • 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(3)』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 2006/5/1 ISBN 4-902768-03-8
  • 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(4)』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 2007/12/1 ISBN 978-4-902768-05-3
  • 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(5)』 監訳:フィグ・ヤーパン 水瓶座時代出版 2010/10/1 ISBN 978-4-902768-09-1

精神的な内容の本

人口過剰問題

小冊子

未来への予言

  • 「エノクの預言」"Henochs Prophezeiungen" 発行:フィグ・ヤーパン 2004/1/23 
  • 「預言者エレミアとエリアの予告」"Voraussagen der Propheten Jeremia und Elia" 発行:フィグ・ヤーパン 2004/11/10

その他、多数の未翻訳のドイツ語の書籍がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プレヤテデス/プレヤールと表記するのは、地球外生命はいわゆるプレヤデス星団から来ているのではないからである。この地球外生命は、彼らの言語でプレヤールという星におり、プレヤデス星団からさらに約80光年遠くにあって、 ここ地球とはわずかな時間ずれた、異なる時空連続体に属しているという。我々の見るプレヤデス星団は、まだ誕生して6200万年と若い火の玉であるため、いかなる生命も存在できないという。Die Plejaren”. FIGU Schweiz. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ 例えば、中国人や日本人の祖先は、比較的新しく約26000年前頃に地球に来たという。しかし、自分たちの由来は完全に忘れ去ったという。 FLJ通信 第2号 P.1-4
  3. ^ ダル宇宙 この宇宙とは双子の関係になる別な宇宙だという。 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(4)』p.38-39 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 監訳:フィグ・ヤーパン
  4. ^ 現在はイエス・キリストと呼ばれている。2000年前はヘブライ語のイマヌエルという名前であったという。
  5. ^ 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(4)』P.91-175 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 監訳:フィグ・ヤーパン
  6. ^ 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(1)』P50〜 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 監訳:フィグ・ヤーパン 
  7. ^ この「ビリー」という愛称は、テヘランにおいてジュディ・ビードというアメリカ人によってエドゥアルト・マイヤーに与えられた。それは、彼が自分の黒い帽子をかぶり、ガンベルトを身に付けていて、「ビリー・ザ・キッド」を思わせたからだった。このことは、彼が多くの旅をしていた頃(1950〜1960年代)であった。Über ≪Billy≫ Eduard Albert Meier”. FIGU-Schweiz. 2014年3月8日閲覧。
  8. ^ 『UFOと宇宙』1977年7月号、1979年1月号、1983年4月号 ユニバース出版、『ムー』1984年10月号 学研、『宇宙人との遭遇』ウェンデル・スチーブンス著 徳間書店 (1980)
  9. ^ 「エノクの預言」 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 発行:フィグ・ヤーパン 「預言者エレミアとエリアの予告」 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 発行:フィグ・ヤーパン
  10. ^ Über ≪Billy≫ Eduard Albert Meier”. FIGU-Schweiz. 2014年3月8日閲覧。
  11. ^ 「人口過剰爆弾 地球破壊 女性差別」 「人口過剰との闘い」 「拷問と死刑・人口過剰」 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 発行:フィグ・ヤーパン
  12. ^ 「フィグ・ヤーパン通信 第46号」P.1 フィグ・ヤーパン
  13. ^ 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(1)』P.185-191, 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 監訳:フィグ・ヤーパン
  14. ^ 「フィグ・ヤーパン通信 第46号」P.6-8 フィグ・ヤーパン
  15. ^ FIGU-Bulletin Nr16 P.2-5 FIGU-Schweiz
  16. ^ 『プレアデス・プレヤール人とのコンタクト記録(5)』P.4-153 著者:ビリー・エドゥアルト・マイヤー 監訳:フィグ・ヤーパン
  17. ^ FIGU-Sonder-Bulletin Nr20 P.1-8 FIGU-Schweiz