ビリー・ジョイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビリー・ジョイス
プロフィール
リングネーム ビリー・ジョイス[1]
ボブ・ロビンソン[1]
本名 ボブ・ロビンソン[1]
身長 183cm[2]
体重 100kg(全盛時)[2]
誕生日 1916年5月3日[2]
死亡日 2000年9月??[2]
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
大マンチェスター州ウィガン[2]
トレーナー ビリー・ライレー[2]
デビュー 1942年[1]
テンプレートを表示

ビリー・ジョイスBilly Joyce、本名:Bob Robinson1916年5月3日 - 2000年9月)は、イギリス大マンチェスター州ウィガン出身のプロレスラー[2]

カール・ゴッチビル・ロビンソンなどのシューターを輩出した「スネーク・ピット」ことビリー・ライレー・ジムトレーナーとして知られる[3]

来歴[編集]

1942年のプロデビュー後、ビリー・ライレー(Billy Riley)の一番弟子として、1950年代初頭に創設されたビリー・ライレー・ジム師範代を務める。訪英したカール・ゴッチとのスパーリングでは、ゴッチが手も足も出ないほどの実力差を見せつけたという[3]。なお、ゴッチとはプロのリングにおいても、1953年4月24日にドイツハノーファーで対戦しており、このときも勝利を収めた[4]

1958年4月15日、ロンドンで行われた王座決定戦にてゴードン・ネルソンを破り、空位となっていたブリティッシュ・ヘビー級王座を奪取[5]。以降もジェフ・ポーツやイアン・キャンベルらを下して同王座を再三獲得、1967年1月18日にビリー・ライレー・ジムの弟子であるビル・ロビンソンに敗れるまで、通算6回に渡って戴冠した[5]

キャリア末期の1968年5月、アルバート・ウォールらと共に国際プロレスに来日。豊登グレート草津サンダー杉山田中忠治木村政雄と対戦したが[6]、ブリティッシュ・ヘビー級王座を失った前年よりジョイスはジュニアヘビー級に転向しており、その際の無理な減量でコンディションを崩していたこともあって、戦績は芳しくなかった[3]

2000年9月、老衰により84歳で死去[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

  • ブリティッシュ・ヘビー級王座:6回[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Billy Joyce”. Wrestlingdata.com. 2013年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Billy Joyce”. Cagematch.net. 2013年11月30日閲覧。
  3. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.26』P73(2013年、辰巳出版ISBN 4777811166
  4. ^ Billy Joyce defeated Karl Gotch”. Wrestlingdata.com. 2013年11月30日閲覧。
  5. ^ a b c British Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月30日閲覧。
  6. ^ The 5 matches Billy Joyce fought at Japan in the year 1968”. Wrestlingdata.com. 2013年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]