ビランテロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vilanterol
Vilanterol.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
識別
ATCコード R03AK10 (WHO) (+fluticasone英語版)
R03AL03 (WHO) (+umeclidinium英語版)
PubChem CID: 10184665
ChemSpider 8360167
KEGG D09696
ChEBI CHEBI:75037
化学的データ
化学式C24H33Cl2NO5
分子量486.43 g/mol
テンプレートを表示

ビランテロール(Vilanterol)は、長時間作用型交感神経β2受容体作動薬の1つである。2015年現在、ビランテロールはトリフェニル酢酸とのの形、すなわち、ビランテロールトリフェニル酢酸塩として利用されている。単剤では製剤化されておらず、合成コルチコステロイド・フランカルボン酸フルチカゾンとの合剤のうち、レルベア100エリプタが気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)の長期管理に、レルベア200エリプタが喘息の長期管理[1]に用いられ、長時間作用型抗コリン剤ウメクリジニウムとの合剤(アノーロ)がCOPDの長期管理[2]に用いられる。また、フランカルボン酸フルチカゾンおよびウメクリジニウムとの3成分配合剤の内、テリルジー100エリプタが喘息およびCOPDの長期管理に、テリルジー200エリプタが喘息の長期管理に用いられる。いずれもグラクソ・スミスクライン(GSK)の商品である。

出典[編集]