ビューヒェンバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Büchenbach.svg Lage des Landkreises Roth in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ミッテルフランケン行政管区
郡: ロート郡
緯度経度: 北緯49度16分01秒 東経11度03分15秒 / 北緯49.26694度 東経11.05417度 / 49.26694; 11.05417座標: 北緯49度16分01秒 東経11度03分15秒 / 北緯49.26694度 東経11.05417度 / 49.26694; 11.05417
標高: 海抜 366 m
面積: 30.78 km2
人口:

5,304人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 172 人/km2
郵便番号: 91186
市外局番: 09171
ナンバープレート: RH, HIP
自治体コード:

09 5 76 117

行政庁舎の住所: Rother Str. 8
91186 Büchenbach
ウェブサイト: www.buechenbach.de
首長: ヘルムート・バウツ (Helmut Bauz)
郡内の位置
Büchenbach in RH.svg
地図

ビューヒェンバッハ (ドイツ語: Büchenbach) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケンロート郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

ビューヒェンバッハは、ミッテルフランケン工業地域に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には13の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アスバッハ
  • アウラウ
  • ブライテンローエ
  • ビューヒェンバッハ
  • ガウヒスドルフ
  • ゲッツェンロイト
  • キューエドルフ
  • ノイミューレ
  • オッタースドルフ
  • テンネンローエ

歴史[編集]

この村は、1249年に、ゼーリゲンポルテン修道院への寄進として初めて記録に遺されている。中世末期、ビューヒェンバッハは、ニュルンベルク市の支配下にあった。宗教改革の導入により、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯が勢力を拡大し、影響力を増していった。ビューヒェンバッハに最初の新教の教区が設けられたのは1526年から1527年ゼバスティアン・フランクによってであった。やがてビューヒェンバッハはブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯領に編入されていった。1792年プロイセン王国領となったビューヒェンバッハは、パリ条約 (1806年)によってバイエルン王国に編入された。バイエルン王国の行政改革の時代、1818年の自治体令によって現在の自治体が生まれた。

人口推移[編集]

この地域の人口は、1970年 3,484人、1987年 4,242人、2000年 5,226人と大きく増大している。

行政[編集]

首長のヘルムート・バウツ (Freie Wähler)は、2003年の選挙で選出された。当時29歳で、ロート郡で最年少首長、バイエルン州でも最も若い首長の一人となった。

議会は20議席からなる。

友好都市[編集]

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

町の中を背骨のようにバーンホーフ通り(駅前通り)が貫いて走り、ここから細かい町道が枝分かれしている。バーンホーフ通りは、町の東端を起点にして、町を貫き、北に転じてシュヴァーバッハ方面へ向かう(シュヴァーバッハ通り)。

ニュルンベルクからのSバーンS3 ニュルンベルク - ロート線のビューヒェンバッハ駅がある。また、連邦アウトバーンA6号線に接続する、連邦道B2a号ロート - ニュルンベルク線が、町から4kmほどの場所を通っている。

引用[編集]

外部リンク[編集]