ビューティフル・ボーイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビューティフル・ボーイ
Beautiful Boy
監督 フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン
脚本 ルーク・デイヴィス英語版
フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン
原作 デヴィッド・シェフ英語版
Beautiful Boy: A Father's Journey Through His Son's Addiction
ニック・シェフ
『Tweak: Growing Up on Methamphetamines』
製作 デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
ブラッド・ピット
製作総指揮 ナン・モラレス
サラ・エスバーグ
出演者 スティーヴ・カレル
ティモシー・シャラメ
モーラ・ティアニー
エイミー・ライアン
撮影 ルーベン・インペンス英語版
編集 ニコ・ルーネン
製作会社 プランBエンターテインメント
ビッグ・インディ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗アマゾン・スタジオ
日本の旗ファントム・フィルム
公開 カナダの旗2018年9月7日(TIFF)
アメリカ合衆国の旗2018年10月12日
日本の旗2019年4月
上映時間 112分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[2]
興行収入 世界の旗$9,260,303[3]
テンプレートを表示

ビューティフル・ボーイ』(Beautiful Boy)は、2018年公開のアメリカ合衆国伝記映画。監督はフェリックス・ヴァン・フルーニンゲン。主演はスティーヴ・カレルティモシー・シャラメ。共演はモーラ・ティアニーエイミー・ライアンら。

あらすじ[編集]

薬物中毒に悩む青年を父親の視点から描き、青年の薬物依存の治療の成功、中毒の再発、回復を描きだす。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4]

製作[編集]

2008年、パラマウント・ピクチャーズプランBエンターテインメントデヴィッド・シェフ英語版の『Beautiful Boy: A Father's Journey Through His Son's Addiction』の映画化権を購入した。スタジオとプロデューサーは本を原作とし、麻薬中毒に悩む息子と無力な父親を描くことを宣言した[5]。2011年、本の著者と映画監督のキャメロン・クロウが本に基づく脚本を執筆と発表された[6]。1年後、クロウが彼の監督作『アロハ』の製作が終了した後、自身が書いた脚本をもとに本作の監督を務めることを希望していることが分かった。同時にプロジェクトからパラマウントが抜け、新たにニュー・リージェンシー・プロダクションズが参加した[7]。2013年12月、マーク・ウォールバーグがクロウの監督の下で、父親の役を演じることが決定した[8]

2015年、バラエティフェリックス・ヴァン・フルーニンゲンルーク・デイヴィス英語版が執筆した新しい脚本をもとに、監督を務めることが決定した[9]。2017年1月、ウォールバーグが降板しスティーブ・カレルが父親役、ウィル・ポールターが息子役として出演することが決定した。ブラッド・ピットデデ・ガードナージェレミー・クライナーがプロデューサーとして参加している[10]。同年2月、ポールターが降板しティモシー・シャラメが息子役として出演することが決定した[11]。ヴァン・フルーニンゲンは200本以上のオーディションテープから誰がニックを演じるにふさわしいか吟味した結果、シャラメがふさわしいとすぐに気付いた。ヴァン・フルーニンゲンは「オーディションの時に、私たちは意図的に[有名な俳優]を選んでいなかったが、[彼の名声]が若者を映画館に連れて来れるのならば、それだけで拍手を送るに値する。」と語った[2]。同年3月、エイミー・ライアンモーラ・ティアニーケイトリン・ディーヴァーティモシー・ハットンリサゲイ・ハミルトンがキャストに加わった[12][13][14][15][16]。2017年4月、アンドレ・ロヨ英語版がキャストに加わった[17]。撮影に先立ち、ヴァン・フルーニンゲンは2週間のリハーサルを行った。映画のリハーサルはベルギーでは普及しているが、ハリウッドではほぼ行われていない[2]

撮影[編集]

主要な撮影は、2017年3月27日に始まり、2017年5月までロサンゼルスサンフランシスコ周辺で撮影された[18][19]。ヴァン・フルーニンゲンによれば、最初に撮影されたシーンは最も強烈で、シャラメ演じるニックが薬物中毒で入院しているシーンだったという[2]。シャラメは入院のシーンを演じるにあたって、撮影の数週間前に体重の減量を指示された。その後、残りの撮影を完了するために休息した。シャラメは、撮影中に数多くの「医者の訪問」と「緊急コール」があったと述べている[20]

映画の編集には合計7ヵ月かかったが、その間に映画は何度も再切断された。当初、ヴァン・フルーニンゲンの長年の編集技師であるニコ・ルーネンはこのプロジェクトに関与していなかった。しかし、ヴァン・フルーニンゲンは編集プロセスに不満を抱き、ルーネンをロサンゼルスに連れて映画を作った[2]

公開[編集]

本作は、2018年9月7日に開催されるトロント国際映画祭で世界初上映された[21][22][23]。本作は、アメリカで2018年10月12日に公開された[24]。日本では、2019年10月15日にAmazonプライムで配信された。

評価[編集]

本作は批評家から肯定的な評価を受けている。Rotten Tomatoesでは244の批評家レビューのうち69%が支持評価を下し、平均評価は10点中6.52点となった[25]MetacriticのMetascoreは45の批評家レビューに基づいて、100点中62点となった[26]

出典[編集]

  1. ^ Beautiful Boy”. Angelika Film Center. 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e Felix Van Groeningen: "In Hollywood mag je niet laten merken dat je twijfelt, anders ben je dood"” (Dutch). De Morgen (2018年6月15日). 2018年6月16日閲覧。
  3. ^ Beautiful Boy (2018)”. 2018年12月19日閲覧。
  4. ^ ビューティフル・ボーイ ブルーレイ”. 2019年8月15日閲覧。
  5. ^ Fleming, Michael (2008年4月29日). “Par, Plan B addicted to memoir pair”. Variety. 2018年9月11日閲覧。
  6. ^ Dang, Simon (2011年1月14日). “Cameron Crowe Had A Script About Meth Addict Nic Sheff Rejected By Brad Pitt’s Plan B Shingle?”. IndieWire. 2018年9月11日閲覧。
  7. ^ Foreman, Liza (2012年8月24日). “Cameron Crowe Moving Forward With ‘Beautiful Boy’ (Exclusive)”. TheWrap. 2017年8月22日閲覧。
  8. ^ Jagernauth, Kevin (2013年12月12日). “Mark Wahlberg Eyes Cameron Crowe’s Meth Addict Drama ‘Beautiful Boy’”. IndieWire. 2017年8月22日閲覧。
  9. ^ Kroll, Justin (2015年9月22日). “Felix van Groeningen to Direct ‘Beautiful Boy’ for New Regency and Plan B (EXCLUSIVE)”. 'Variety'. 2017年8月22日閲覧。
  10. ^ Steve Carrell, Will Poulter Eyed to star in Brad Pitt-produced drama 'Beautiful Boy'”. Tracking-Board.com (2017年1月18日). 2017年3月27日閲覧。
  11. ^ Ford, Rebecca (2017年2月6日). “Sundance Breakout Timothee Chalamet Joining Steve Carell in 'Beautiful Boy' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2017年3月27日閲覧。
  12. ^ Hipes, Patrick (2017年3月15日). “Amy Ryan Reunites With Steve Carell For Amazon’s ‘Beautiful Boy’”. Deadline Hollywood. 2017年3月27日閲覧。
  13. ^ Fleming Jr, Mike (2017年3月16日). “‘The Affair’s Maura Tierney Joins Amazon’s ‘Beautiful Boy’”. Deadline Hollywood. 2017年3月27日閲覧。
  14. ^ Kit, Borys (2017年3月22日). “Kaitlyn Dever Joins Steve Carell in Amazon Drama 'Beautiful Boy' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2017年3月27日閲覧。
  15. ^ Fleming Jr, Mike (2017年3月28日). “Timothy Hutton Joins Amazon Studios’ ‘Beautiful Boy’”. Deadline Hollywood. 2017年3月29日閲覧。
  16. ^ N'Duka, Amanda (2017年3月30日). “LisaGay Hamilton Books ‘Beautiful Boy’ & ‘The Last Full Measure’; ‘Most Likely To Murder’ Adds More Suspects”. Deadline Hollywood. 2017年3月30日閲覧。
  17. ^ Busch, Anita (2017年4月13日). “Hannah John-Kamen Joins ‘Tomb Raider’ Cast; Andre Royo Steps Into Amazon’s ‘Beautiful Boy’”. Deadline Hollywood. 2017年4月13日閲覧。
  18. ^ Beautiful Boy”. MyEntertainmentWorld. 2017年3月27日閲覧。
  19. ^ Scerrato, Alisa (2017年5月12日). “Spotted: Steve Carell shooting 'Beautiful Boy' in the Upper Haight”. San Francisco Chronicle. 2017年11月23日閲覧。
  20. ^ Josh Horowitz (8 December 2017). "Happy Sad Confused" (Podcast). MTV. 該当時間: 50:03-50:17. 2018年6月17日閲覧
  21. ^ Beautiful Boy”. Toronto International Film Festival. 2018年7月24日閲覧。
  22. ^ Vlessing, Etan (2018年7月24日). “Toronto: Timothee Chalamet Starrer 'Beautiful Boy,' Dan Fogelman's 'Life Itself' Among Festival Lineup”. The Hollywood Reporter. 2018年7月24日閲覧。
  23. ^ Sheff, Nic (2018年7月24日). “September 7th TIFF premiere. Can’t believe it’s actually happening. My dad and I will be there joining Steve and Timmy and Felix if you can come say hi. Looks like a great lineup of films. Very grateful. Xo”. Instagram. 2018年7月24日閲覧。
  24. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年2月15日). “Steve Carell & Timothée Chalamet Title ‘Beautiful Boy’ Sets Fall Release”. Deadline Hollywood. 2018年2月15日閲覧。
  25. ^ BEAUTIFUL BOY”. 2018年9月12日閲覧。
  26. ^ Beautiful Boy reviews”. 2018年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]