ビューカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ビューカード
Viewcard Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 VC
本社所在地 141-8601
東京都品川区大崎一丁目5番1号
大崎センタービル
設立 2009年(平成21年)9月1日
業種 その他金融業
事業内容 クレジットカード事業、金融業、クレジットカード等の決済処理代理業、現金自動預払機による金銭貸付の代理業務、現金自動預払機による預貯金引出の代理業務、現金自動預払機に付帯関連する一切の事業
代表者 代表取締役社長 叶 篤彦
資本金 50億円(2012年4月1日現在)
発行済株式総数 2000株(2010年2月1日現在)
従業員数 303名(2012年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社 100%
外部リンク http://www.viewcard.co.jp/
テンプレートを表示

ビューカードVIEW CARD)は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の子会社である株式会社ビューカードViewcard Co.,Ltd.)、および同社が発行するクレジットカードブランドである。

概要[編集]

1992年10月16日に、JR東日本にカード事業部が発足し、翌1993年2月2日に、クレジットカード「ビューカード」の発行が開始された。

JR東日本本体が発行するカードであったが、経営環境が厳しくなった事から、収益力や競争力の強化を目的として、クレジットカード事業を子会社化。2009年10月1日に、JR東日本の完全子会社として、株式会社ビューカードを設立。2010年2月1日に、JR東日本が会社分割(吸収分割)を行い、株式会社ビューカードがJR東日本からクレジットカードに関する事業を承継した[1]

種類[編集]

ビューカード[編集]

ビューカードが発行する基本的なカードである。国際ブランドは、株式会社ジェーシービーと提携したJCB、ユーシーカード株式会社と提携したMasterCardVISAの各ブランドから選ぶことが可能。なお、どの国際ブランドも加盟店開放型であるため、ジェーシービーやユーシーカードが独自に提供するサービスは利用できない[2]。現在は、Suicaを搭載した「ビュー・スイカ」カードを主力としている。

ビューTypeII提携カード[編集]

ビューTypeII提携カードは、クレジットカード会社がビューカードと提携し、そのクレジットカード会社が発行するカードで、(株)ビューカードが発行するカードではない。このためビューカードのサービスは一部しか利用できない。Suicaを搭載しているビューTypeII提携カードがほとんどである(全てではない)。2009年4月20日現在のラインナップは次表の通りである。

名称 発行会社 提携会社 Suica
横浜バンクカードSuica 横浜銀行 - あり
スーパーICカードSuica 三菱東京UFJ銀行 - あり
みずほマイレージクラブカード《セゾン》Suica クレディセゾン みずほ銀行 あり
SMBC CARD Suica 三井住友カード 三井住友銀行 あり
ANA VISA Suicaカード 三井住友カード 全日本空輸 あり
イオンSuicaカード イオンクレジットサービス - あり
Yahoo! JAPANカードSuica ヤフー - あり
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD トヨタファイナンス トヨタ自動車 なし

法人カード[編集]

ビュー法人カード[編集]

1998年4月1日に発行を開始。国際ブランドは、ユーシーカードと提携したVISAブランドである。但し、Suicaは搭載されていない。

ビジネスえきねっとカード[編集]

ビジネスえきねっとの開始に合わせて、2006年3月1日に発行を開始している[3]。 ハウスカードであり、えきねっとにしか利用はできない。 ほかに各国際ブランドと提携しているのもある。 請求は、JR東海のエクスプレスカードと同じく、旅行会社等経由で支払も可能。

主な特長[編集]

ビュー・VISAカード / VIEW Suicaカード共通のサービス・機能[編集]

ビューTypeII提携カードで制限されるものは×印

  • JR東日本のみどりの窓口(以下、同社窓口)において、乗車券類(定期券特急券など含む)などを購入する場合、一回あたり5万円までの取引はサインレスとなる。
  • ×同社窓口での乗車券類購入の際に分割払いやボーナス払いも可能(定期券は不可)。
  • ×同社における定期券購入には専用の利用枠が別に設定され、高額となることが多い6ヶ月・長距離・新幹線などの定期券購入で、カード利用限度額が圧迫されることがない。[4]
  • ×国内旅行傷害保険(公共乗物搭乗中・募集型企画旅行・宿泊予約のいずれかをクレジット利用で補償)、海外旅行傷害保険(カード会員であれば補償)が付帯。
  • ×インターネットでの指定席予約「えきねっと」が利用でき、VIEWプラスに加えて「えきねっとポイント」相当分が自動的に「ビューサンクスポイント」に移行される。
  • ×JR東日本管内でオレンジカード・Suicaカード購入、Suicaへのチャージ(入金)がクレジットでできる。なお1か月の利用限度額が別途定められており、販売時に承認が必要となっている。
  • ×Webサービス「VIEW's NET」でのカード利用明細照会、締日までの支払方法変更。
  • ×電話(ビューカードとれTEL)で座席指定券の予約が可能。[5]
  • ×「中央ライナー」・「青梅ライナー」ライナー券予約が携帯電話から可能。
  • JR東日本のモバイルSuicaの年会費が当面無料である。

ビューType II提携カードでのVIEW機能[編集]

前項のうち、ビューTypeII提携カードでVIEWブランドとして利用可能なサービスは、以下に限られる。

  • 同社窓口において乗車券類などを購入する場合、一回につき5万円までの取引はサインレス(分割払い等の支払方法の指定はできず、翌月一括払いのみ)。
  • クレジット決済によるSuicaカードへのチャージが、VIEW ALTTE・カード券売機で可能。
  • オートチャージサービスの利用が可能(Suicaを搭載するものに限る)。
  • えきねっと(JR指定席予約サービス)・モバイルSuicaの利用には、VIEWカードとして会員登録する。
    • カード決済時のクレジットカードポイントは、VIEWカード以外の「一般カード」利用として積算されるため、えきねっとポイントからVIEWサンクスポイントへの自動移行はない。

これ以外の機能(旅行保険付帯の有無やWebサービスなど)は、ビューTypeII提携カードを発行するクレジットカード会社のサービスに準拠し、定期券用特別限度額・「とれTEL」などの設定はない。 また、クレジットの利用代金支払や問合せ等も、ビューカードセンターではなく、ビューTypeII提携カードを発行するクレジットカード会社で行う。

国内・海外旅行傷害保険[編集]

ビューカードには、サービスの1つとして国内・海外旅行傷害保険が付帯される。条件は以下のとおり。

  • 国内・・・ビューカードでの購入を条件に、「改札を入ってから出るまで」の部分にて損害を受けた場合のみ、補償される。
  • 海外・・・自動的に海外旅行傷害保険が適用される。

保険適用条件などは公式サイト内にPDFファイルにて説明しているので、各自確認されたい。

VIEWサンクスプレゼント[編集]

ビューTypeII提携カードは、サンクスプレゼント対象外である。VIEWプラスも適用されない。

1993年のカード発行当初から実施されており、通常1,000円のショッピング利用につき2サンクスポイント(5円相当)加算される。有効期限はポイント獲得翌年度の1月末まで(サンクスチャージは3月末まで)。

ビューカードのVISA加盟店におけるポイント付与率は、1,000円につき2ポイントだが、他社クレジットカードのポイント制度と比較して変則的な率になっているのは、VIEWプラス制度が始まる前、定期券購入時については付与率を半分の1,000円につき1ポイントにしていた制度の名残である(VIEWプラス制度開始により、定期券のポイント付与率は6倍に引き上げられた)。また、当初は、現金払いでもカードを提示すればポイントが付与される制度もあったが、のちに廃止されている。

獲得ポイントに応じて、食品オレンジカード商品券などの景品と引き換えることができる(ポイント引き換えによるSuicaへの入金「サンクスチャージ」についてはVIEW Suicaカードを参照)。

2012年10月より、ビューカードでの楽天Edyチャージ、nanacoチャージ、SMART ICOCAクイックチャージ、SAPICAオートチャージ利用分は、ポイント付与の対象外となる。[6]

VIEWプラス[編集]

JR東日本の駅窓口と自動券売機によるJR全線の乗車券類購入およびSuicaチャージ(入金)は特典ポイントが3倍に優遇され、同社エリアにおいてJR線を有利に利用できる。

JR東日本が2001年10月から一般クレジットカード利用による乗車券類発売を開始するにあたり、自社カードをより有利なポイント付与で利用促進するため制定されたものである。

Suicaチャージ(私鉄利用時でのオートチャージを含む)、モバイルSuicaに対するクレジット決済、JR東日本の駅やえきねっとでの乗車券類・「『びゅう』旅行商品」の購入はVIEWプラス制度で、対象外加盟店での利用時に比べ3倍の付与率(1,000円につき6ポイント。決済額の1.5%相当)となる。

そのため、JR東日本およびPASMO事業者の駅構内店舗(駅ナカ)やSuica・PASMO電子マネー加盟店舗等など、Suicaショッピングサービス(Suica電子マネー)が利用できる場所での支払いは、いったんビューカードでチャージしたSuicaで支払う方が(現金・ビューカードで支払うのに比べ)ポイント付与でより有利となるほか、ビックカメラや駅ビル内のテナントとして営業しているマツモトキヨシなどでは、それぞれのポイントカードで現金払いに準じたポイントが付与されて得である。

また、事前に「Suicaポイントクラブ」に登録したVIEW SuicaカードモバイルSuicaに限られるが、2007年6月からJR東日本リテールネット(旧東日本キヨスク)やジェイアール東日本フードビジネス(ジェフビー)などの「駅ナカ」の対象店舗や、「街ナカ」の対象店舗で「Suicaポイント」が加算されるようになり、さらに有利になった。加えて2010年3月13日からは、Suica定期券やMy Suica(記名式)など、同サービスへの登録が可能なSuicaの種類が拡大された。

キャッシングサービス[編集]

1993年のサービス開始当初からJR東日本(当時)自らが貸金業者として、ビューカードでのキャッシングサービスを行っている。

当初は、主要駅の構内にCD・ATM(ビュー・キャッシュイン(当時は現金自動貸付機の名称として使用)→ビューアルッテ)を設置し、始発から終電までキャッシングの利用が可能だった。その後1997年から、他金融機関との提携を開始。現在は、都市銀行全5行(みずほ三菱東京UFJ三井住友りそな埼玉りそな)・千葉銀行千葉興業銀行横浜銀行常陽銀行東京都民銀行およびゆうちょ銀行(郵便局)のATMなどでも利用可能である。

ビューカードのサービスとして、時間外手数料は無料である。また逆に、ビューアルッテのATMで、全都市銀行と横浜・千葉・千葉興業・常陽・東京都民・山梨中央(現在利用休止中)・武蔵野京葉東日本の各地方銀行、新銀行東京信用金庫(現在、多摩埼玉縣朝日水戸青木川崎西武の7信金が対応。今後、提携信金拡大予定)、ゆうちょ銀行のキャッシュカードで預貯金の引出しが利用可能となった。引出し利用可能金額単位は千円単位となっているが、預金口座の残高がマイナス(定期預金担保等の借入残高など)になっている場合、一切引出できない。またビューアルッテではビューカードのキャッシングサービスの短期返済(元金と利息の全額入金)をはじめ、カードでショッピングした利用金額の支払(一部入金またはショッピング利用金額の全額、年会費の入金も)も受け付ける。

  • 2004年に発行開始された「ビュー・スイカリボカード」を除き、全種類のビューカードのキャッシング金利は長らく28%台でいわゆるグレーゾーン金利上値であったが、2006年にかけて貸金業界敗訴が決定的となった情勢を踏まえ、2006年6月9日に同年7月1日からの新規キャッシング利用分から年18%(利息制限法の上限金利)に引き下げることを発表した。

2009年4月1日以降に新規の申込を行ったビューカードについては、キャッシングを利用する事は出来ない[7]。但し、ビューTypeII提携カードは、発行するクレジットカード会社のキャッシング又はローンを利用する事が出来る(トヨタファイナンスが同年5月以降に発行する「TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD」を除く[8])。

年会費[編集]

プロパーの「ビューカード」は、発行当初から「VIEW Suicaカード」となった現在まで、年会費は500円(消費税込み)だが、リボルビング払い専用の「VIEW Suicaリボカード」および一部の提携VIEW Suicaカードでは、年会費が無料となっている。

きっぷを購入する際の注意点[編集]

  • JR東日本のみどりの窓口などでビューカードできっぷを購入した場合、きっぷの券面に「東C」と表示され、一般のクレジットカードで購入したきっぷ(きっぷの券面に「C制」と表示される)と区別される。
  • JR東日本以外のJRの窓口や旅行会社等でビューカードできっぷを購入した場合、きっぷの券面に「C制」と表示され、一般のクレジットカードで購入したきっぷと同様に、購入した窓口等以外では変更や払戻が制限される。これは「ビューカード」として購入したのではなく、提携しているクレジットカードとしての購入となり、金額に関わらずサインが必要となる。
  • ビューカードを決済カードとしてJR東海のエクスプレス予約を利用し、e特急券などのきっぷを購入した場合、券面には「海C」と表示され、発券後の払戻を行う際は原則としてJR東海の窓口において手続を行う必要がある。

取扱金融機関[編集]

口座自動振替に利用することができる金融機関は、次の通りである(2012年11月26日現在)。

銀行[編集]

金融機関コード順)

協同組織金融機関[編集]

沿革[編集]

発行開始[編集]

発行開始当初はハウスカードで、利用可能なのはJR東日本の乗車券類購入や関連する日本テレコム東京デジタルホンの料金決済、一部の東急ホテルズ店舗に限られていた。また、募集対象も、JR東日本の営業地域内在住・在勤者に限定されていた。

この当時のインフラは丸井の赤いカード(現:エポスカード)の旧システムを買い上げて改修した物とされている。 一方、同社グループ企業との提携で「ルミネカード」をはじめとする駅ビルやホテル(ホテルメトロポリタンホテルメッツチェーン)との提携カードが発行され、多くの会員を獲得するなど、さらなる事業展開の基盤が築かれていた。次いで1998年からは、北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅窓口・同社グループの駅ビルなどを「ビューカード加盟店」として利用可能とした。

2000年4月1日に、旧ユーシーカード株式会社(2006年にクレディセゾンが吸収合併)と提携し、同社の発行権を用いたVISAブランド(加盟店開放型)付帯のビューカードである「ビュー・VISAカード」の発行を開始し[9]ハウスカードのビューカード(プロパーカード)既存会員は、一斉に「ビュー・VISA」カードが送付され、切替となった。なお、旧ユーシーカードは2005年に事業分割が行われ、現在は旧社から分割設立されたユーシーカード(2代目)およびキュービタスのインフラで、ビューカード発行のVISA/MasterCardブランドの運営・与信がされている。

2000年後半には「えきねっと」(インターネットとれTEL)がサービス開始となり、2001年からはジェイアール東日本情報システムが構築する基幹システム「VENUS (View card Effective Network and Universal System) =ビーナス=」を稼動し、10月からは「VIEWプラス」制度を開始した。

「ビュー・スイカ」カードの発行[編集]

「ビュー・スイカ」カードの申込受付を2003年5月19日に開始し、同年7月1日から利用が開始された[10]。当初は、JCBと提携したJCB又はユーシーカードと提携したVISAの各国際ブランドから選ぶ事が出来たが、ユーシーカードと提携したMasterCardブランドの申込受付を2004年2月16日に開始し、同年3月1日に発行を開始している[11]

同年には、リボルビング払い専用の「VIEW Suicaリボカード」を発行開始し、このカードに限りリボルビング払の取扱を開始(現在はこのカードでなくてもリボルビング払可能)。

また、JALカードビックカメラなどJR東日本とは無縁と思われる企業と提携し、これらと提携した提携カードを発行している。2005年からプロパーカードが「定期券機能付きVIEW Suicaカード」となった。

2006年10月1日から、あらかじめ基準額と入金額を「ビューアルッテ」で登録の上、自動改札機PASMO相互利用時も含む)への入場時にVIEW Suicaカードのストアードフェア残額が基準額を下回っているときに、その場で登録金額を自動決済してチャージするオートチャージも開始された。

現在は「Suica」サービスを軸に、多方面へ展開したクレジットカードとして進化している。

CMキャラクター[編集]

発行当初から「VIEW Suicaカード」の登場まで、3~4月や10月前後を中心に、2年に1~2本のペースで実写のテレビCMおよび雑誌での広告宣伝がなされており、サービス開始時は本木雅弘が、1993年にはピエール・リトバルスキー(JR東日本傘下のジェフユナイテッド市原に所属していた)、1994年~1995年は加藤紀子(挿入曲はSomething ELse)が、2000年~2001年は青山恭子が出演していた。2013年には「異才のカード。」編が制作され高梨臨が起用されている。

1995年の「とれTEL」サービスのCMは、ビューカードと絡めた作品だが、付随事業の「びゅう商品券」や関連事業の「Suica」・「えきねっと」(「とれTEL」が発展)のCMは出演者やストーリーがタイアップしない、まったくの別作品となった。ただ、1998年からの「ルミネカード」のCMには、ルミネカードのために創られたとされるオリジナルキャラクターの「ルミ姉」、2004年~2005年の「VIEW Suicaカード」絡みのテレビCMではSuicaのペンギンが、2005年からの「大人の休日倶楽部(ダブルフェイスカード)」の広告(テレビCMを含む)には、吉永小百合が出演したものが展開されている。

備考[編集]

  • ビューカードのロゴ表記は「V∥eW」("I"が2本線)である。「びゅうカード」の表記は誤りである。また、逆にJR東日本の発行する「びゅう商品券」は「VIEW 商品券」では誤りとなる。「VIEWカード」と「びゅう商品券」は同じ会社が発行していると思うのは誤解である。「びゅう商品券」と「ビューカード」はJR東日本の担当部門が異なり、駅以外の「びゅう商品券加盟店」が「ビューカード加盟店」を兼ねるのは少数である。
(JCBギフトカードやUCギフトカード等はクレジットカード会社が直接発行するため、こうした誤解が生じている様である。)
  • 「ビュー・VISAカード(プロパーカード)」は2003年度で新規の募集を終了したが、「VIEW Suicaカード」への切替申込書を提出しなければ、2008年時点でも従来の「ビュー・VISAカード」が更新カードとして送付される。ダブルフェイスカードは「VIEW Suicaカード」に移行するものと、従来のまま2008年時点でも発行を行うものがある(例:ルミネカードなど)。また「VIEW Suicaカード」の発行開始に伴い、エンボスタイプ(浮き出し文字)のカードは発行停止となった。
  • 2007年2月から基幹システムを「VENUS2」にアップグレードし、法人カード以外のすべてのビューカードでリボルビング払いの取扱を開始したほか、「VIEW's NET」上でのカード利用明細の随時更新と支払回数変更サービスの開始と、Type IIカードの運用に対応した。
(この切替に伴い、2月1日前後の深夜・早朝に駅窓口やビューアルッテでの取り扱いなどが休止された。)
  • 2009年9月現在、ビューカードは3Dセキュアには対応していない。
  • 非公式ではあるが、VISA/MasterCardブランドのビューカードでは楽天Edyにクレジットチャージができる。これはビューカードが前述の通りUCカードの加盟店開放カードであり、楽天Edy側ではUCカード扱いになる為である。なおJCBブランドでは楽天Edyにクレジットチャージできない。そもそもブランド発行会社(JCB)が楽天Edyとの提携において極一部のカードしか使えないよう大幅な制限をかけている為である。前述の通り、2012年10月からはポイントの付与対象外となる。
  • こちらも非公式ではあるが、ビューカードではVISA/MasterCard/JCBブランドのいずれでもnanacoにクレジットチャージができる。VISA/MasterCardブランドに関しては上記の楽天Edyと同じく、nanaco側でもUCカード扱いになるからであり、JCBブランドに関してはnanacoはプロパーカードだけでなく、FC社が発行するJCBカードにも対応しているからである。尚、楽天Edyと同じくこちらも2012年10月からはポイントの付与対象外となる。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クレジットカード事業の子会社への承継に係る吸収分割契約の締結について (PDF)” (日本語). 2009年12月19日閲覧。
  2. ^ 但し、JCBブランドカードについては「JCB PLAZA」や「ショッピング&ダイニングパスポート」等、国際ブランドとしてのJCBが提供する海外旅行向けサービスは利用可能。
  3. ^ 新しいJR券販売システム「ビジネスえきねっと」のご提供開始について (PDF)” (日本語). 2009年12月19日閲覧。
  4. ^ 定期券ご利用可能枠廃止について
  5. ^ 「ビューカードとれTEL」サービス終了のお知らせ ビューカード公式サイト
  6. ^ 一部電子マネーへのチャージご利用分に対するポイントサービス終了のお知らせ
  7. ^ 「ビューカード」の商品性の変更について (PDF)” (日本語). 2009年4月21日閲覧。
  8. ^ クレジットカード事業のビジネスモデル転換について (PDF)” (日本語). 2009年4月21日閲覧。
  9. ^ 2000年春 「ビューカード」は世界中のVISA加盟店でご利用いただけるようになります!” (日本語). 2009年12月19日閲覧。
  10. ^ 「ビュー・スイカ」カード、5月19日より会員募集開始! (PDF)” (日本語). 2009年12月19日閲覧。
  11. ^ 2004年春ビューカードは「MasterCard®」ブランドとの提携カードを発行します。 (PDF)” (日本語). 2009年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]