ビュシエール=ポワトヴィーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bussière-Poitevine
Blason ville fr Bussière-Poitevine 87.svg
Bussière-Poitevine - Église Saint-Maurice 01.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) オート=ヴィエンヌ県Blason département fr Haute-Vienne.svg
(arrondissement) ベラック郡
小郡 (canton) ベラック小郡
INSEEコード 87028
郵便番号 87320
市長任期 アンドレ・デュボワ[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Haut-Limousin en Marche
人口動態
人口 893人
2014年
人口密度 21人/km2
地理
座標 北緯46度14分11秒 東経0度54分20秒 / 北緯46.2364度 東経0.9056度 / 46.2364; 0.9056座標: 北緯46度14分11秒 東経0度54分20秒 / 北緯46.2364度 東経0.9056度 / 46.2364; 0.9056
標高 平均:m
最低:122m
最高:242 m
面積 41.71km2
Bussière-Poitevineの位置(フランス内)
Bussière-Poitevine
Bussière-Poitevine
テンプレートを表示

ビュシエール=ポワトヴィーヌBussière-Poitevineオック語:Bussiére)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏オート=ヴィエンヌ県の旧コミューン

地理[編集]

コミューンの東側の境界は、12.5km続くガルタンプ川である。

ポワティエ-リモージュ間をつなぐ国道147号線、ポワティエ-ゲレ間をつなぐ国道142号線が通る。北西部はドゥファンの森である。

由来[編集]

ビュシエールの名はBuis、ツゲ属から派生している。コミューンにはかつてLes Buisという村落があり、Poitevineというポワトゥーにちなむ名称は、この村が1801年にポワティエ司教区に含まれていたことに由来する。その後、村はリモージュ司教区に含まれている。

フランス革命時代、コミューンはビュシエール=レガリテ(Bussière-l'Égalité)と改名させられていた。

歴史[編集]

ビュシエール=ポワトヴィーヌ領主であったジャン・ド・ラ・ランドは、1470年2月4日、ビュセロルの城に大きな塔を建設する許可を得た。シャンパニャックにおいて最初の城が存在し、14世紀初頭にイングランド軍によって破壊された。二度目の城の建設は同じ世紀の後半、ラ・マルシュ伯であるピエール・ド・ブルボンが行い、礼拝堂は聖ブレーズに捧げられた。

ラヴォー城は15世紀に建設された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2014年
1429 1330 1160 1120 1019 960 956 893

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

姉妹都市[編集]

  • フランスの旗 モテルン、フランス

脚注[編集]