ビュイック・ランデヴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ランデヴー (RENDEZVOUS) は、GMが製造、ビュイックブランドで販売されていた自動車である。

概要[編集]

ランデヴー
前期型
Buick Rendezvous.jpg
後期型
04-07 Buick Rendezvous.jpg
販売期間 2002-2007年
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.4/3.5/3.6L V6
駆動方式 FF/AWD
変速機 4/6AT
全長 4,740mm
全幅 1,870mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,845mm
車両重量 1,825-1,938kg
姉妹車 ポンティアック・アズテック
後継 ビュイック・エンクレイブ
-自動車のスペック表-

2001年春、2002年モデルとして発売。プラットフォームは、第二世代 GM Uプラットフォームをショートホイールベース化したものが使用された。

ミニバン高級乗用車SUVを融合した車両とされ、3列シート7人乗りとなっているほか、乗り心地において同車の高級セダンパークアベニューベンチマークとし、全グレードにおいてインディペンデント・リアサスペンションが採用された。

横置きV型6気筒の 3.4L LA1型および3.6L LY7型ガソリンエンジンが搭載され、4速オートマチックトランスミッションが組み合わされる。また、駆動方式は前輪駆動と、バーサ・トラック式四輪駆動システムが選択できる。

2003年モデルのマイナーチェンジで、フロントターンシグナルレンズがクリア化されたほか、本革シートなどを採用した最上級グレードの「Ultra」が追加された。また、リアコンビランプのデザインにも小変更が施された。

2004年モデルからは、当初四輪駆動モデルのみであった「Ultra」に、前輪駆動モデルが追加された。

また、最終モデルとなった2007年モデルには、四輪駆動が用意されず、前輪駆動のみがラインアップされた。

2007年、北米向けの生産が終了。後継モデルはエンクレイブである。生産はメキシコのラモス・アリスペ組立工場において行われた。販売は、アキュラ・MDXなどのライバル車よりも安価であったため、好調に終わった[1]


車名[編集]

「RENDEZVOUS」は待ち合わせ、会合という意味のフランス語。

参照[編集]

  1. ^ 台湾向けは現在でも生産販売されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]