ビャーネ・ブルースタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビャーネ・ブルースタBjarne Brustad1895年3月4日 - 1978年5月20日)は、ノルウェー作曲家ヴァイオリニストヴィオリスト

クリスチャニア出身。スタヴァンゲルオスロの交響楽団で演奏していたが、1920年代にパリミュンヘンベルリンなどのヨーロッパの都市を旅行し、音楽的に大きな影響を受けた。1928年から1943年までオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の主席ヴィオラ奏者を務めたが、第二次世界大戦後は作曲が活動の中心となった。作品には交響曲ヴァイオリン協奏曲室内楽曲オペラなどがある。

作品[編集]

  • ノルウェー組曲~ヴィオラとピアノのための(1926)
  • 奇想曲~ヴィオラとヴァイオリンのための(1931)
  • パルティータ~ヴィオラ独奏のための(1931、1957改訂)
  • コンチェルティーノ~ヴィオラと室内オーケストラのための(1932)
  • ヴァイオリン独奏のための組曲(1969)- カミラ・ウィックスに献呈