ビビアン・ウッドワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィヴィアン・ウッドワード Football pictogram.svg
Vivian Woodward.jpg
名前
本名 ヴィヴィアン・ジョン・ウッドワード
Vivian John Woodward
ラテン文字 Vivian Woodward
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス(イングランドの旗 イングランド)
生年月日 (1879-06-03) 1879年6月3日
出身地 ロンドンケニントン
身長 189cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1901-1909
1909-1915
トッテナム・ホットスパー
チェルシーFC
132 (63)
106 (30)
代表歴
1903-1911 イングランド代表 23 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィヴィアン・ジョン・ウッドワード(1879年6月3日-1954年1月31日)はイングランドロンドンケニントン生まれの元サッカー選手1908年オリンピック1912年オリンピックにおいて主将として活躍し、英国代表の2連覇に貢献した。

略歴[編集]

ウッドワードは238試合に出場し、93ゴールをもたらしたとして、トッテナム·ホットスパーとチェルシーにおいてその実力を証明した。また、英国代表として出場した、1908年と1912年の2度のオリンピックでは、主将として英国に金メダルをもたらした[1]

ウッドワードは、第一次世界大戦が勃発したため軍隊に召集され、チェルシーFCの1914-1915シーズンの間の選手生活は中断された。ミドルセックス連隊に作られたサッカー選手による大隊に所属した[2]ボブ・トムソン英語版が負傷したため、彼は、FAカップ決勝に出場するために特別休暇を与えられたが、トムソンが怪我から復帰したため、チームが決勝に進出するのに貢献したトムソンに出場機会を譲った[1]。試合はシェフィールド・ユナイテッドFCに3-0で敗れ、優勝を逃した。1916年1月15日、彼の所属する大隊は西部戦線前線に配属された。塹壕に入って最初の2週間で4人が戦死し33人が負傷したが、負傷した1人がウッドワードであり、手榴弾で右大腿部を負傷した。フランク・バックリー英語版もその時、手榴弾の破片が肺に突き刺さる重傷を負った。イングランドの病院から退院した彼は、同年8月に西部戦線に復帰した。7月に始まったソンムの攻勢で大隊は大きな損害を受けており、ドイツ軍の毒ガス攻撃によって14人の隊員が戦死していた。1917年にオールダーショットの軍訓練施設に教官として赴任した。1918年にフランスに渡り、イギリス第1軍に所属した。第一次世界大戦が休戦となると、イギリス軍のサッカーチームのコーチに就任した[3]。その後は選手生活に戻ることが出来ず、引退を余儀無くされた。彼は1954年、74歳で永眠。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b fact file”. archive.mehstg.com. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ REAL SPORTING HEROES (PDF)”. fusiliermuseumlondon.org. 2014年3月8日閲覧。
  3. ^ World War 1 - Football History - 1916-23”. graveshamtrophycentre.com. 2014年3月8日閲覧。