ビバロ・アルピーネ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビバロ・アルピーネ語
vivaroaupenc
話される国 フランス、イタリア
地域 南フランス、Occitan Valleys
話者数 ?
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
Linguasphere 51-AAA-gf & 51-AAA-gg
テンプレートを表示
オック語圏におけるビバロ・アルピーネ語の図

ビバロ・アルピーネ語 (オック語: vivaroalpenc, vivaroaupenc) はフランス南東(ドーフィネ周辺)とイタリア北西(ピエモンテ州リグーリア州のOccitan Valleys)で話されているオック語の1つ[1][2]カラブリア州グアルディア・ピエモンテーゼにもビバロ・アルピーネ語の小さな飛び領土があり、その言語はgardiòlとして知られている。ここはオーヴェルニュリムーザンとともに北オック語の方言ブロックに属している。

名称と分類[編集]

ビバロ・アルピーネ語はプロヴァンス語の下位方言とみなされ、provençal alpin (Alpine Provençal) やNorthern Provençalと呼ばれた[3]

ドーフィネ地区で使われているで、dauphinoisやdauphinois alpinという名前でも呼ばれる[4]。RonjatやBec[5]と同じく、現在では疑いなく独自の方言として認識されている。

UNESCO Atlas of World's languages in danger[6](危機にある世界言語のアトラス)はアルパイン・プロヴァンスの名前を使っており、深刻な危機にあるとしている。

脚注[編集]

  1. ^ (フランス語) Jean-Marie Klinkenberg, Des langues romanes. Introduction aux études de linguistique romane, De Boeck, 2e édition, 1999,
  2. ^ La langue se divise en trois grandes aires dialectales : le nord-occitan (limousin, auvergnat, vivaro-alpin), l'occitan moyen, qui est le plus proche de la langue médiévale (languedocien et provençal au sens restreint), et le gascon (à l'ouest de la Garonne). in (フランス語) Encyclopédie Larousse
  3. ^ (フランス語) Jean-Claude Bouvier, "L'occitan en Provence : limites, dialectes et variété" in Revue de linguistique romane 43, pp 46-62
  4. ^ (フランス語) Jules Ronjat, Grammaire istorique des parlers provençaux modernes, vol. IV Les dialectes, Montpellier, 1941
  5. ^ (フランス語) Pierre Bec, La langue occitane, Paris, 1995
  6. ^ UNESCO Interactive Atlas of the World's Languages in Danger Archived February 22, 2009, at the Wayback Machine.