ビハール号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビハール号事件(ビハールごうじけん)とは、1944年3月18日に、スマトラ島東方の海上で、日本海軍の重巡洋艦「利根」が、捕虜として艦内に収容していた英国商船ビハール(Behar)号の乗員・乗客約65人を殺害し、死体を海に投棄した事件。ビーハー号事件利根事件とも呼ばれる。1947年にBC級戦犯裁判(イギリス軍香港裁判)で裁かれた。[1]

背景[編集]

1944年2月上旬、海軍南西方面艦隊司令部(司令長官・高須四郎中将)は、インド洋上における敵の交通破壊、敵商船の捕獲を目的とする「インド洋作戦」("サ"号作戦)を計画し、第16戦隊(司令官・左近允尚正少将)に実行を命令していた[2][3][4]第7戦隊所属の重巡洋艦「利根」(艦長・黛治夫大佐)は、「インド洋作戦」実行のため、僚船「筑摩」とともに臨時に第16戦隊に配属された[2]

事件[編集]

1944年3月1日、「利根」は、第16戦隊の旗艦「青葉」や「筑摩」とともにジャワ島バタビア港を出発[2]。同月9日午前11時頃、インド洋のココス島南西海域で英国商船ビハール(Behar)号を発見した[5][2][6]。利根はビハール号を拿捕しようとしたが[7]、ビハール号が指示に応じなかったため、撃沈し、生存者の乗客・乗員80人(約100人、約115人とも)を収容した[8][9][10][11]

「利根」の報告を受けた第16戦隊の左近允司令官は、「(情報聴取のため)2,3名の捕虜を残し、残りは所定のとおりに速やかに処分せよ」との信号命令を発したとされる[2][12]。しかし「利根」の黛艦長は、尋問中であることを理由に捕虜を収容したまま6日後の同月15日にバタビアに帰港し、捕虜のうち女性およびインド人を含む15人(ないし約40人、35人)を上陸させた[13][12][14][15]

同月18日、バタビアで「利根」は、第16戦隊指揮下を脱して第7戦隊に復帰するよう命じられ、シンガポールに向かうため、残る捕虜65名(約60人、80人とも)を艦内に抑留し続けたまま、出航した[16][17][18]バンカ海峡英語版スマトラ島寄りのリンガ湾上まで来たところの海上で、黛艦長は、捕虜全員の殺害を命じ、深夜に捕虜を1人ずつ船艙から甲板上へ連れ出して殺害し、死体を海中に投棄した[19][16][20]

裁判[編集]

1947年に、イギリス軍香港裁判で第16戦隊の左近允司令官と、「利根」の黛艦長が事件の被告人として起訴された[21][22][16][12]

捕虜を処分するよう指示したのは左近允司令官だったが、捕虜の殺害が実行されたのは「利根」が第16戦隊の指揮下を離れた後だったため、法廷で、左近允司令官は、「自分が命令したのは作戦中のことであり、作戦後のことは命令していない」と主張し、黛艦長は、「左近允司令官の命令で殺害した」と主張した[23][12]。被告の陳述や証人の証言もそれぞれ食い違ったが、証人は総じて「司令官は部下の十字架を負うべき」という態度だったとされる[23]

1947年10月29日に判決が下され、左近允司令官は絞首刑、黛艦長は禁錮7年を宣告された[21][22][24][12]

1948年1月21日に香港のスタンレー刑務所英語版で左近允司令官の死刑が執行された[12]

裁判記録では、黛艦長が比較的軽い刑となった理由の一つとして、黛艦長が殺害の命令を改めるよう意見具申し、却下されていたことが挙げられている[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この記事の主な出典は、小板橋 (2015, pp. 84-124)、井上 et al. (2010, pp. 387-388)、岩川 (1995, pp. 238-240)、Linton (2010)および軍艦利根 (1944)
  2. ^ a b c d e 岩川 1995, p. 238.
  3. ^ 小板橋 (2015, pp. 84-90)では、日本軍の船舶不足を補うための作戦だったとしている。
  4. ^ 軍艦利根 (1944, p. 2043)では、拿捕を建前とし、止むを得ない場合のみ撃沈することを定めていた、としている。
  5. ^ 井上 et al. 2010, pp. 387-388.
  6. ^ 船名は、井上 et al. (2010, pp. 387-388)では「ビハール号」、岩川 (1995, p. 238)および東京裁判ハンドブック (1989, p. 115)では「ビーハー号」、軍艦利根 (1944, p. 2053)では「ベハー号」としている。英語表記はLinton (2010)による。
  7. ^ 利根は艦首の菊の御紋章を隠し、米国旗をメインマストに掲げるなどして米国艦船を偽装しており(軍艦利根 1944, p. 2030)、ビハール号に「重要通信あり近寄れ」との信号を送った(軍艦利根 1944, pp. 2034-2035)。
  8. ^ 小板橋 (2015, pp. 84-90)。同書では、生存者115人を救助したとしている。
  9. ^ 井上 et al. (2010, pp. 387-388)。同書では、生存者約100人、としている。
  10. ^ 岩川 (1995, p. 238)。同書では、女子を含む乗員80人を収容したとしている。
  11. ^ 軍艦利根 (1944, pp. 2032-2037)。軍艦利根 (1944, pp. 2045-2046)では、捕虜の人数について、英国人41名、中国人3名、インド人・ゴア人計60名の総計104名と報告している
  12. ^ a b c d e f Linton 2010.
  13. ^ 岩川 (1995, p. 238)。同書では、80人のうち15人を上陸させた、としている。
  14. ^ 井上 et al. (2010, pp. 387-388)では、約100人のうち約40人を上陸させたとしている。
  15. ^ 小板橋 (2015, pp. 102-107)では、捕虜115人のうち35人をバタビアへ送ったとしている。
  16. ^ a b c 岩川 1995, p. 239.
  17. ^ 井上 et al. (2010, pp. 387-388)では、残りの捕虜約60人について、左近允司令官から「おれの責任とするから、残務処理のつもりでシンガポールに到着するまでに処理せよ」と命じられた、としている。
  18. ^ 小板橋 (2015, p. 102-107)では、残る捕虜の人数は80人としている。
  19. ^ 小板橋 2015, pp. 110-118.
  20. ^ 殺害された捕虜の人数は、Linton (2010)では約65人とされており、岩川 (1995, p. 239)では65人、井上 et al. (2010, p. 388)および東京裁判ハンドブック (1989, p. 115)では約60人、小板橋 (2015, pp. 110-118)では80人とされている。
  21. ^ a b 井上 et al. 2010, p. 388.
  22. ^ a b 東京裁判ハンドブック 1989, p. 115.
  23. ^ a b 岩川 1995, pp. 239-240.
  24. ^ 岩川 1995, p. 240.
  25. ^ 林 1998, pp. 118-119.

参考文献[編集]

関連文献[編集]