ビックカメラSuicaカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビックカメラSuicaカード(ビックカメラスイカカード)は、株式会社ビューカード(JR東日本100%子会社)が株式会社ビックカメラとの提携により発行するビューカードSuica[1]、ビックポイントカードを一枚にまとめた多機能カード(クレジットカードストアードフェアカード、電子マネーカード、ポイントカード)である。

4種類のポイント(ビューサンクスポイント、Suicaポイント、ビックポイント、バスポイント)を貯めることができ、バスポイントを除く各ポイント間の交換およびバスポイントを除く各ポイントからSuicaのSF(ストアードフェア)への交換を行うことができる。

当カードをモバイルSuicaの決済クレジットとして登録した後に、「ビュー・エクスプレス特約」を申し込む事で東海旅客鉄道エクスプレス予約のサービスが受けられるようになる。その場合、エクスプレス予約会員の年会費1000円(税抜)と運賃の決済は当カードで行われる。(詳細はエクスプレス予約#モバイルSuicaでの利用を参照)

国際ブランドはJCBまたはVISA(2009年8月25日より開始)[2]である。年会費は1年目が無料であり、2年目以降は税抜477円(ただし、前年にクレジットの利用がある場合は無料)である。

ポイント[編集]

Suicaとして使用した場合[編集]

ビックカメラSuicaカードをSuicaとして使用した場合、次表のように、使用場所・使用方法によってビューサンクスポイント・ビックポイント・Suicaポイント・バスポイントのいずれかが付与される。

使用場所・使用方法 付与されるポイント 付与率・時期
JR東日本 VIEWカード機能によるSuicaチャージ(ビューアルッテ・カード発売機・オートチャージ・インターネットチャージ) ビューサンクスポイント チャージ金額1000円につき6ポイント・翌月16日
現金によるSuicaチャージ なし -
Suica使用による運賃支払い・乗車券類購入
JR東日本以外のSuica・PASMO事業者 VIEWカード機能によるSuicaチャージ(オートチャージのみ) ビューサンクスポイント チャージ金額1000円につき6ポイント・翌月16日
現金によるSuicaチャージ なし -
Suica使用による運賃支払い・乗車券類購入
Suicaが利用可能な上記以外の鉄道事業者 なし -
バス利用特典サービス対象路線 Suica使用による運賃支払い バスポイント 運賃(税込)1円につき1ポイント・即時
現金によるSuicaチャージ なし -
Suicaポイント加盟店(Suicaポイントクラブへの会員登録が必要) Suicaポイント 商品購入価格(税込)100円から200円につき1ポイント(加盟店によって異なる)・翌日
ビックカメラ(Suica使用可能店舗に限る。また、支払い前に当カードをビックポイントカードとして提示する必要がある。) ビックポイント 商品毎に設定されている付与率と同じ・即時
Suica電子マネーが利用可能な上記以外の店舗 なし -

クレジットカードとして使用した場合[編集]

ビックカメラSuicaカードをクレジットカードとして使用した場合、次表のように、加盟店・商品・支払方法によってビックポイントとビューサンクスポイントのいずれかまたは両方が付与される(2012年10月1日現在)。さらに、WEB明細ポイントサービスを申し込んでいる場合、クレジットカードとしての使用があった月の翌々月16日に20ポイントのビューサンクスポイントが付与される。なお、JCBのOki Dokiポイントを貯めることはできない。
2012年10月1日より、ビューカードでの楽天Edyチャージ、nanacoチャージ、SMART ICOCAクイックチャージ、SAPICAオートチャージ利用分は、ポイント付与の対象外となった。[3]

加盟店・商品・支払方法 付与されるポイント 付与率・時期
JR東日本 VIEWプラスの対象商品 ビューサンクスポイント 利用金額1000円につき6ポイント・翌月16日
その他 利用金額1000円につき2ポイント・翌月16日
ビックカメラ(店舗) 3回以上の分割払 ビックポイント 商品毎に設定されている付与率+1%・商品毎に設定されている付与率分が即時、1%分が翌々月1日
リボルビング払
その他 商品毎に設定されている付与率と同じ・即時
ビックカメラ.com(通信販売) ビューサンクスポイント 利用金額1000円につき2ポイント・翌月16日
ビックポイント 利用金額の0.5%・翌々月1日
ビックネットポイント[4] 商品毎に設定されている付与率と同じ・即時
・当カードで決済可能な上記以外の加盟店・公共料金等
(下記の付与対象外利用分以外)
・エクスプレス予約の運賃および年会費の決済
ビューサンクスポイント 利用金額1000円につき2ポイント・翌月16日
ビックポイント 利用金額の0.5%・翌々月1日
楽天Edyチャージ(VISAのみ可能)・nanacoチャージ・
SMART ICOCAクイックチャージ・SAPICAオートチャージ
ビューサンクスポイント 付与対象外
ビックポイント 付与対象外

ビックポイントカードとして使用した場合[編集]

ビックカメラSuicaカードをビックポイントカードとして使用した場合、次表のように、支払方法によってビックポイントが付与される。
JAL&BICジョイントサービスに登録している場合は、BIC CAMERA JMB WAONカード等の提示でJALのマイル付与も可能である。

支払方法 付与率・時期
現金・プリペイド方式の各種電子マネー[5]・デビットカード 商品毎に設定されている付与率と同じ・即時
ビックカメラSuicaカード(クレジットカードとして) クレジットカードとして使用した場合の表を参照
その他のクレジットカード・iD 商品毎に設定されている付与率-2%・即時
ビックポイント なし

ポイント交換[編集]

ビックカメラSuicaカードの最大の特徴が、ポイント交換である。ビックポイントはビックカメラでしか使用することができない。しかし、ポイント交換によってSuicaのSF(ストアードフェア)となり、ICカード乗車券およびSuica電子マネーとして使用することができるようになる。

ポイントは、以下に示す経路で交換することができる(2010年3月13日現在)。

Suicaポイント → モバイルSuicaのSF(ストアードフェア)
↓           ↑
↓ ビューサンクスポイント → ビューサンクスプレゼント
↓ ↓ ↓
↓ ↓ ビックポイント
↓ ↓ ↓
SuicaのSF(ストアードフェア)

ポイント交換の割合および手順は以下の通り。なお、モバイルSuicaのSF(ストアードフェア)への交換についてはモバイルSuicaの項目を参照のこと。

  • Suicaポイント(100ポイント) → SuicaのSF(ストアードフェア)(100円相当分)
    • Suicaポイント会員サイトで申請すると、申請日の翌日以降にJR東日本のSuica対応自動券売機でビックカメラSuicaカードにチャージすることができる。
  • ビューサンクスポイント → ビューサンクスプレゼント(交換の割合は商品によって異なる)
    • VIEWカード会員サイトで申請すると、JR東日本が指定する各種商品に引き換えることができる。
  • ビューサンクスポイント(400ポイント) → SuicaのSF(ストアードフェア)(1000円相当分)
    • VIEW Suicaカードと同様に、いつでもJR東日本の駅またはビックカメラの店舗に置かれているビューアルッテでビックカメラSuicaカードにチャージすることができる。
  • ビューサンクスポイント(400ポイント) → ビックポイント(1000ポイント)
    • VIEWカード会員サイトで申請すると、申請日の翌週火曜日にビックポイントが加算される。
  • ビックポイント(1500ポイント) → SuicaのSF(ストアードフェア)(1000円相当分)
    • ビックカメラのウェブサイトで申請すると、申請日の翌々日以降にビューアルッテでビックカメラSuicaカードにチャージすることができる。

ビックカメラJ-WESTカードとの比較[編集]

ビックカメラでは西日本旅客鉄道と提携して、ビックカメラJ-WESTカードを発行している。
J-WESTカードの特典に加え、ビックカメラ各店でのクレジットカードの利用金額に対して、9%分のビックポイント、および0.5%分のJ-WESTポイントが付与される。ビックカメラでのクレジット決済によるポイントの付与率は、ビックカメラSuicaカードと比べて劣る。またビックポイント1500点を、J-WESTポイント1000点分(SMART ICOCAチャージ1000円相当)に交換することも可能である。

2012年10月からは、ビックカメラSuicaカードでのSMART ICOCAクイックチャージはポイント付与対象外になるが、本カードでのクイックチャージは引き続きポイント付与対象になる。

J-WESTポイントはSMART ICOCAチャージだけでなく、他の景品への交換も可能となっており、ポイントの利用先の幅広さの面ではビックカメラSuicaカードと比べて優れている。

BIC CAMERA JMB WAONカード・JAL&BICジョイントサービスとの比較[編集]

ビックカメラでは日本航空イオンと提携して、BIC CAMERA JMB WAONカードを発行している。

本カードを保有している場合には、JAL&BICジョイントサービスに自動登録となる。
また、JMB WAONカード、イオンJMBカードを保有しているJMB会員の場合は、JAL&BICジョイントサービスの申し込みをJALホームページ・ビックカメラ店頭で行うことで同サービスを受けられるようになる。

JAL&BICジョイントサービスへ登録することで、ビックカメラのポイントとJALのマイルの相互交換や、ビックカメラでショッピングをした際にはビックポイントに代えてJALのマイルの加算が受けられる。
BIC CAMERA JMB WAONカードにはビックカメラSuicaカードと違って、クレジットカードの機能は付加されない。(ただし、三菱UFJニコスジェーシービーが発行するJALカードからのクレジットチャージには対応している)

なお、JAL&BICジョイントサービスに登録している場合は、JALカードJAL ICサービス付きの他のJMBカード(JMBローソンPontaカードJTB旅カードJMBTOP&ClubQ JMBカードJMB KIPSカード等)を提示してもビックポイントの加算(もしくはビックカメラショッピングマイルの加算)が可能である。ただしJALカードをクレジットカードとして使用した場合は、一般のクレジットカードと同率のポイント還元(またはJALマイレージ付与)になる。

マイル付与を希望した場合においても、ビックカメラSuicaカードでのクレジット決済・Suica決済をすることも可能である。その場合は現金払いと同率でJALのマイルが付与される。

JALカードSuicaを保有の場合は、JAL&BICジョイントサービスに登録している場合においても、ビューサンクスポイントをビックポイントに交換することや、ビックポイントをSuicaにチャージすることはできない。(ただし、JALカードSuica・ビックカメラSuicaカードの両方を保有している場合は交換可能となる)

ビックポイントカードとJMB WAONカードの統合[編集]

ビックポイントカードと、太陽のアークJMB WAONカード、または鶴丸JMB WAONカードを所有している場合、JAL&BICジョイントサービス手続き後、JMBの窓口に「BIC CAMERA JMB WAONカード1枚に統合したい」と申し出れば、発行手数料500円で統合する事ができる。オリジナルビックポイントカードとJMB WAONカードは統合後も継続使用可能。

ヨドバシポイント付き提携クレジットカードとの比較[編集]

ビックカメラのライバルであるヨドバシカメラも、電子マネー楽天Edyを搭載した「ゴールドポイントカード・プラス」を発行している。このカードはヨドバシポイントを楽天Edyに交換することができない他2012年5月中旬以降発行のカードからEdyが廃止され、ポイントをSuicaに交換できるビックカメラSuicaカードのほうが使い勝手の面で優れている。しかし、ビックポイントからの交換レートの低さにより、この点における優位性の差は小さなものとなっている。また加盟店・公共料金等の支払いに対しヨドバシでは1%が還元されるがこちらはそれより低く、その点で劣っている。

2012年10月からは、ビックカメラSuicaカードでの楽天Edyチャージ、SMART ICOCAクイックチャージ、SAPICAオートチャージはポイント付与対象外になるが、本カードでのチャージは楽天Edyを除いて引き続きポイント付与対象になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道およびバスの定期券を載せることは出来ない。
  2. ^ 「ビックカメラSuicaカード」にVISAブランドが新登場!,東日本旅客鉄道,2009年8月18日
  3. ^ 一部電子マネーへのチャージご利用分に対するポイントサービス終了のお知らせ
  4. ^ 当カードに対してではなく、ビックカメラ.com会員アカウントに対して付与される。ただし、手続きにより当カードのビックポイントとの共通利用が可能である。
  5. ^ ビックカメラSuicaカードをSuicaとして使用する場合を含む。店舗により各種電子マネーの使用可否が異なる。詳細はビックカメラの項目を参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]