ビジュー・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビジュー・フィリップス
Bijou Phillips
Bijou Phillips
2005年
本名 Bijou Lilly Phillips
生年月日 1980年4月1日(35歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州グリニッジ
身長 168cm
職業 女優
活動期間 1996年 - 活動中
配偶者 ダニー・マスターソン(2011年 - 継続中)

ビジュー・フィリップス(Bijou Phillips, 1980年4月1日 - )はアメリカコネチカット州グリニッジ出身の女優・歌手・モデル。ビジョウ・フィリップスと表記されることもある。

来歴[編集]

フォークグループのママス&パパスのメンバー、ジョンフィリップスと『マイラ』等に出演した南アフリカ出身の女優・歌手・元モデルのジュヌヴィエーヴ・ウェイトとの間に生まれる。生まれはコネチカットだが、子供時代はニューヨーク、カリフォルニア、南アフリカで過ごす。

名のBijouはランバート、ヘンドリックス&ロスの楽曲「My Petite Bijou」にちなんで名づけられた(Bijouはフランス語で宝石を意味する)。

13歳の時モデルとしてキャリアをスタートし、インタビューマガジンやイタリア版VOGUEの表紙を最年少で飾り、カルヴァン・クラインの広告に登場する等の活躍を見せる。また、その傍らで17歳の時にレコード契約を交わし、トーキング・ヘッズのジェニー・ハリスンのプロデュースでアルバム「I'd Rather Eat Glass」を発表する。

女優としては97年にサブライムのアルバム「Sublime」のミュージックビデオでデビュー。99年にジェームズ・トバック監督の『ブラック AND ホワイト』でチャーリー役を演じ、その演技が批評家に絶賛され、2001年のラリー・クラーク監督作の『BULLY ブリー』に起用される。

悪魔の赤ちゃん』のリメイクである、2008年の『ダニエル/悪魔の赤ちゃん』では主人公の母親レノアを演じている。

その他の代表作に『ホステル2』等がある。

私生活では2011年に俳優のダニー・マスターソンと結婚している。

フィルモグラフィ[編集]

製作年 邦題
原題
役名 備考
1999 ブラック AND ホワイト
Black and White
チャーリー
2000 あの頃ペニー・レインと
Almost Famous
エストレラ・スター
2001 BULLY ブリー
Bully
アリ・ウィリス
2003 ミッシング・ハイウェイ
Octane
バックパッカー
2004 ドア・イン・ザ・フロア
The Door in the Floor
アリス
2005 アン・ハサウェイ/裸の天使
Havoc
エミリー
ヴェノム 毒蛇男の恐怖
Venom
タミー
2007 ホステル2
Hostel: Part II
ホイットニー
ジャームス 狂気の秘密
What We Do Is Secret
ローナ・ドゥーム
血の魔術師
The Wizard of Gore
マギー 2009年10月31日~11月6日開催のAFTER DARK HORRORFEST*JAPAN2009にて上映

その後は今のところ、AFTER DARK HORRORFEST*JAPAN2009の上映作品の限定販売DVD-BOXでのみDVD化されている。

2008 ダニエル/悪魔の赤ちゃん
It's Alive
レノア・ハーカー
セックス・クラブ
Choke
アーシュラ
2009 すんどめカップル
Made for Each Other
マーシー
音楽と体の神秘 〜ドラムビートはハートを打つ〜
The Heart Is a Drum Machine
ドキュメンタリー映画

外部リンク[編集]