ビジネス文書技能検定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビジネス文書技能検定試験
略称 ビジネス文書検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格[脚注 1]
分野 ビジネス
試験形式 筆記
認定団体 公益財団法人実務技能検定協会
後援 文部科学省
認定開始年月日 昭和62年(1987年
等級・称号 1級 - 3級
公式サイト http://jitsumu-kentei.jp/BB/index
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

ビジネス文書技能検定試験(ビジネスぶんしょぎのうけんていしけん)とは、財団法人実務技能検定協会が実施する、ビジネス文書作成に必要な能力を客観的に評価する検定試験。文部科学省後援[脚注 2]。受験級には1級、2級、3級の3つがあるが、いずれも受験者制限はない。1・2級および2・3級の併願受験も可能。試験は年間で2回実施される。実施時期は7月上旬と12月上旬。

検定級と程度[編集]

3級

ビジネス文書作成技能について、知識と技能の基本を身につけ、上司の指示に従って普通の文書を正確に理解し、作成することができる。

2級

ビジネス文書作成技能について、知識と技能との全般を身につけ、自身のみで普通の文書を正確に理解し、作成することができる。

1級

ビジネス文書作成技能について、知識と技能とを十分に身につけ、必要に応じてこれらを適切に助言したり、添削指導を行うことができる。

合格基準[編集]

表記技能、表現技能、実務技能の3領域から出題される。3領域それぞれにおいて得点率が60%に達した場合、合格となる。

脚注[編集]

  1. ^ 文科省後援であることから公的資格とされる場合もある。
  2. ^ 他に、実務技能検定協会では「秘書技能検定」「ビジネス電話検定」「ビジネス実務マナー検定」「サービス接遇検定」などを行っており、いずれも文部科学省後援の検定[1]である。

外部リンク[編集]