ビシュヴィレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bischwiller
Armoiries de Bischwiller.svg

Bischwiller Laub.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) アグノー郡
小郡 (canton) ビシュヴィレール小郡
INSEEコード 67046
郵便番号 67240
市長任期 ニコル・トマ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Bischwiller et environs
人口動態
人口 12,898人
1999年
人口密度 748人/km2
住民の呼称 Bischwillerois, Bischwilleroises
地理
座標 北緯48度46分04秒 東経7度51分36秒 / 北緯48.767833度 東経7.859918度 / 48.767833; 7.859918座標: 北緯48度46分04秒 東経7度51分36秒 / 北緯48.767833度 東経7.859918度 / 48.767833; 7.859918
標高 平均:? m
最低:123 m
最高:147 m
面積 17.25km2 (1 725ha)
Bischwillerの位置(フランス内)
Bischwiller
Bischwiller
公式サイト www.bischwiller.com
テンプレートを表示

ビシュヴィレールフランス語:Bischwillerドイツ語:Bischweiler)は、フランスグラン・テスト地域圏バ=ラン県コミューン

概要[編集]

丘に囲まれたコミューンで、モデル川(ライン川支流)が流れている。

ビシュヴィレールは、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世が、11世紀に狩猟地としていた無人の土地を寄進した後、ストラスブール司教がつくった定住地である。1263年、集落で火事が発生し犠牲者が出たことがわかっており、名をBischofeswilreと記されたのが最古の記録である。1524年にプファルツ=ビルケンフェルト伯がビシュウィレーを購入し、以後フランス革命まで領有していた。かつての庁舎、La Laubは1665年に建てられた建物である。

17世紀のユグノー弾圧により、ロレーヌアルデンヌピカルディーからユグノーたちがビシュヴィレールに避難してきた。彼らはこの地で紡績や羊毛の産業を興した。19世紀には町に100以上の工房や工場があった。

普仏戦争を間に挟んだ1869年から1874年までの間におよそ4000人の住民が故郷を後にした。2000人以上がオート=ノルマンディー地方のエルブフへ移住し、多くが紡績産業に従事した。

出身者[編集]