ビクトル・チーホノフ (1930年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

ビクトル・チーホノフ
アイスホッケー
オリンピック
URS
1980 レークプラシッド 団体
1984 サラエボ 団体
1988 カルガリー 団体
EUN
1992 アルベールビル 団体

ビクトル・チーホノフViktor Tikhonov1930年6月4日 - 2014年11月24日[1])はソビエト連邦アイスホッケー指導者。1984年のサラエボオリンピック、1988年のカルガリーオリンピックでソ連代表を率いて、1992年のアルベールビルオリンピックEUNを率いて金メダルを獲得した[2]

経歴[編集]

1930年にモスクワで生まれた。

現役時代は、ソビエト空軍チームやHCディナモ・モスクワでプレーしたディフェンスマンであった[3]

現役引退後、ディナモ・モスクワのアシスタントコーチを経て、1968年のグルノーブルオリンピックのアシスタントコーチに就任、その後、ディナモ・リガやラトビアでヘッドコーチを務めた[3]

1976年にオリンピックを控えていたため、ベストメンバーではなかったソ連チームをボリス・クラーギンに代わって初めて率いてカナダチェコスロバキアに次いで3位となった。1977年にはHC CSKAモスクワ及びソ連代表のヘッドコーチとなった[3]。それ以降17年に渡り、ソ連代表ヘッドコーチを務めた。CSKAでは1977年から1989年までソビエトリーグで13連覇を果たすとともに、1978年から1990年まで13年連続でヨーロピアンカップで優勝した[3]

プラハで行われた世界選手権で、予選ラウンドでは敗れた相手、地元チェコスロバキアを破り、自身初優勝を果たし、それ以降1992年までオリンピックや世界選手権で数々のメダルを獲得した[3]

アイスホッケーソビエト連邦代表を率いて、オリンピックで3回金メダルを獲得、1979年から1992年までの間、アイスホッケー世界選手権で優勝8回、1991年のカナダカップでも優勝した[3]

1980年のレークプラシッドオリンピックでは決勝リーグで地元アメリカに敗れて銀メダルに終わった。

1992年のアルベールビルオリンピックでは独立国家共同体チームを率いた[3]

1998年に国際アイスホッケー連盟殿堂入りを果たした[3]

彼の孫のビクトルは、2014年のソチオリンピックに出場した[3]

2014年11月24日、モスクワの病院で亡くなった。84歳であった[2]。 ビクトル・チーホノフが亡くなった日、彼がかつてヘッドコーチを務めたCSKAモスクワのアイスアリーナではのCSKAモスクワとHC SKAサンクトペテルブルグの試合が開催された。 彼の孫のビクトル・チ-ホノフJrはSKAサンクトペテルブルグのフォワードであり、この試合に出場した。CSKAモスクワとSKAサンクトペテルブルグはどちらも軍系統のチームであり、この2チームの対戦はアーミー・ダービーと言われチケットが高騰する好カードだった。さらに両チームは当時KHLのリーグ全体の首位争いをしていたため、試合は白熱することが予想された。 試合開始前には亡くなったチーホノフを偲んで黙祷が捧げられ、通常ならプレーが中断するたびに流れる音楽もこの日は流れることがなかった。 CSKAのサポーターはチーホノフの似顔絵が描かれた横断幕を振ってチームを応援した。 試合はCSKAが5対3で勝利したが、ビクトル・チーホノフJrは亡くなった祖父に捧げるかのような気迫あふれるプレーを見せ、2ゴール1アシストを決めてこの試合のMVPとなった。 [4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五輪3連覇の名将死去 Iホッケー旧ソ連 日刊スポーツ 2014年11月25日
  2. ^ a b Adam Proteau (2014年11月24日). “Russian coach Viktor Tikhonov dies at age 84”. thehockeynews.com. 2015年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Remembering Tikhonov”. 国際アイスホッケー連盟 (2014年11月24日). 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ http://en.khl.ru/game/266/41993/resume/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]