ビクトリアス:サウンドトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビクトリアス:サウンドトラック
ヴィクトリア・ジャスティス & ビクトリアス・キャストサウンドトラック
リリース
録音 2009年-2010年
ジャンル ポップダンス
時間
レーベル Nick Records, Sony Music Entertainment
専門評論家によるレビュー
ビクトリアス サウンドトラック 年表
ビクトリアス:サウンドトラック
(2011年)
Victorious 2.0: More Music from the Hit TV Show (英語)
(2012年)
『ビクトリアス:サウンドトラック』収録のシングル
  1. 「フリーク・ザ・フリーク・アウト(英語)
    リリース: 2010年11月19日
  2. 「ベギン・オン・ユア・ニーズ(英語)
    リリース: 2011年4月1日
  3. 「ベスト・フレンズ・ブラザー(英語)
    リリース: 2011年5月20日
  4. 「リーヴ・イット・オール・トゥ・シャイン(英語)
    リリース: 2011年6月10日
  5. 「ユア・ザ・リーズン」
    リリース: 2011年12月3日
テンプレートを表示

『ビクトリアス:サウンドトラック』 (Victorious: Music from the Hit TV Show) は米国ニコロデオン放送されたコメディドラマ『ビクトリアス』第1作目のサウンドトラックである。米国で2011年8月2日に発売され[2]、日本で2012年12月5日に発売された[1]

概要[編集]

米国のニコロデオンのコメディドラマ『ビクトリアス』第1作目のサウンドトラックである本作品のほとんどは主演を務めるヴィクトリア・ジャスティスによって歌われている。「リーヴ・イット・オール・トゥ・シャイン」( "Leave It All to Shine" )はミランダ・コスグローヴとジャスティスほか『iCarly』および『ビクトリアス』キャストが参加している。 米国で2011年8月2日に発売され全米アルバムチャート Billboard 200 で最高5位[4]Billboard Digital Albums で最高5位、Billboard Kid Albums で最高1位、Billboard Top Soundtracks [2]で最高1位となる[2]

シングル[編集]

同年11月19日発売されたシングル曲「フリーク・ザ・フリーク・アウト」("Freak the Freak Out")は全米シングルチャート Billboard Hot 100 で最高50位となり最も成功した曲となる[5]。 2011年4月1日発売されたシングル曲「ベギン・オン・ユア・ニーズ」( "Beggin' on Your Knees" )[6]は最高58位となる[5]。 同年5月20日発売されたシングル曲「ベスト・フレンズ・ブラザー」( "Best Friend's Brother" )[7]は最高86位となる[5]。 同年6月10日シングル曲「リーヴ・イット・オール・トゥ・シャイン」( "Leave It All to Shine" )[8]が発売され、同年12月3日シングル曲「ユア・ザ・リーズン」( "You're the Reason" )[9]が発売された。

番組の主題歌である「メイク・イット・シャイン」( "Make It Shine" )は2010年4月13日プロモーション・シングルとして発表されている。

収録曲[編集]

[3]
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Make It Shine (Victorious Theme)」(performed by Victoria Justice) Dan Schneider, en:Lukasz Gottwald, Michael Corcoran
2. Freak the Freak Out(performed by Victoria Justice; featured in the episode of the same name) CJ Abraham, Schneider, Corcoran, Nick Hexum, Zack Hexum
3. Best Friend's Brother(performed by Victoria Justice; featured in the episode "Prom Wrecker") Allan Grigg, Savan Kotecha, Victoria Justice
4. Beggin' on Your Knees(performed by Victoria Justice; featured in the episode of the same name) Kotecha, Shellback
5. 「All I Want Is Everything」(performed by Victoria Justice; featured in the episode "Locked Up") Lindy Robbins, Toby Gad
6. 「You're the Reason」(performed by Victoria Justice; featured in the episode "The Birthweek Song") Abraham, Schneider, Corcoran
7. 「Give It Up」(performed by Elizabeth Gillies & Ariana Grande; featured in the episode "Freak the Freak Out") Abraham, Schneider, Corcoran
8. I Want You Back (Jackson 5 cover)」(performed by Victoria Justice; featured in the episode "Locked Up") The Corporation (Alphonzo Mizell, Berry Gordy, Deke Richards, Freddie Perren)
9. 「Song 2 You」(performed by Leon Thomas III & Victoria Justice; featured in the episode "The Diddly Bops") Brian Kierulf, Josh Schwartz, Leon Thomas III
10. 「Tell Me That You Love Me」(performed by Victoria Justice and Leon Thomas III; featured in the episode "The Great Ping-Pong Scam") Abraham, Schneider, Corcoran
11. 「Finally Falling」(performed by Victoria Justice; featured in the episode "Tori The zombie) Abraham, Schneider, Drake Bell, Corcoran
12. Leave It All to Shine(performed by Victoria Justice and Miranda Cosgrove; featured in the iCarly crossover episode "IParty with Victorious") Schneider, Gottwald, Corcoran
合計時間:
日本盤[1]
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「メイク・イット・シャイン (ビクトリアス・テーマ)」(ヴィクトリア・ジャスティス) ダン・シュナイダー、ルカシュ・ゴットバルト、マイケル・コーコラン
2. 「フリーク・ザ・フリーク・アウト」(ヴィクトリア・ジャスティス) CJ・アブラハム、シュナイダー、コーコラン、ニック・ヘクシム、ザック・ヘクシム
3. 「ベスト・フレンズ・ブラザー」(ヴィクトリア・ジャスティス) アラン・グリッグ、サヴァン・コーテチャ、ヴィクトリア・ジャスティス
4. 「ベギン・オン・ユア・ニーズ」(ヴィクトリア・ジャスティス) コーテチャ、シェルバック
5. 「オール・アイ・ウォント・イズ・エブリシング」(ヴィクトリア・ジャスティス) リンディ・ロビンス、トビー・ガッド
6. 「ユア・ザ・リーズン」(ヴィクトリア・ジャスティス) アブラハム、シュナイダー、コーコラン
7. 「ギブ・イット・アップ」(エリザベス・ギリース & アリアナ・グランデ) アブラハム、シュナイダー、コーコラン
8. アイ・ウォント・ユー・バック(ヴィクトリア・ジャスティス) ザ・コーポレーション、(アルフォンソ・マイゼルベリー・ゴーディディーク・リチャーズフレディー・ペレン)
9. 「ソング・トゥー・ユー」(レオン・トーマス3世 & ヴィクトリア・ジャスティス) ブライアン・キーラルフ、ジョシュ・シュワルツ、レオン・トーマス3世
10. 「テル・ミー・ザット・ユー・ラブ・ミー」(ヴィクトリア・ジャスティス & レオン・トーマス3世) アブラハム、シュナイダー、コーコラン
11. 「ファイナリー・フォーリング」(ヴィクトリア・ジャスティス) アブラハム、シュナイダー、ドレイク・ベル、コーコラン
12. 「リーヴ・イット・オール・トゥ・シャイン」(ミランダ・コスグローヴ & ヴィクトリア・ジャスティス) シュナイダー、ゴットバルト、コーコラン
13. 「ブロークン・グラス (ボーナス・トラック)」(マット・ベネット) シュナイダー
合計時間:

チャート[編集]

チャート (2011年) 最高順位
米国 Billboard 200[4] 5
米国 Billboard Digital Albums[2] 5
米国 Billboard Kid Albums[2] 1
米国 Billboard Soundtracks[2] 1

発売日[編集]

国名 発売日 規格 レーベル
米国 2011年8月2日[2] CD 音楽配信 Nick Records, Sony Music Entertainment
日本 2012年12月5日[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d ビクトリアス:サウンドトラック”. Billborad Japan. 2015年1月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Victorious: Music from the Hit TV Show - Awards”. AllMusic. 2015年1月26日閲覧。
  3. ^ a b Victorious: Music from the Hit TV Show”. AllMusic. 2015年1月27日閲覧。
  4. ^ a b Billboard Artists - Victoria Justice”. Billboard. 2015年1月26日閲覧。
  5. ^ a b c Billboard Artists - Victorious Cast”. Billboard. 2015年1月26日閲覧。
  6. ^ Beggin' On Your Knees (feat. Victoria Justice) - Single”. iTunes (2011年4月1日). 2015年1月27日閲覧。
  7. ^ Best Friend's Brother (feat. Victoria Justice) - Single”. iTunes (2011年5月20日). 2015年1月27日閲覧。
  8. ^ Leave It All to Shine (feat. Miranda Cosgrove & Victoria Justice) - Single”. iTunes (2011年6月10日). 2015年1月27日閲覧。
  9. ^ You're the Reason (Acoustic Version) - Single”. iTunes (2011年12月3日). 2015年1月27日閲覧。
  10. ^ Victorious (Music from the Hit TV Show) [feat. Victoria Justice]”. iTunes. 2015年1月27日閲覧。