ビウレット反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビウレット反応の説明によく使われる、誤った図。
トリペプチドは銅(II)イオンに対し、平面の錯イオンを作るように配位する。

ビウレット反応(Biuret test)は、タンパク質や、ポリペプチドを検出する方法の1つ。アミノ酸が3つ以上つながった(トリペプチド以上の)ペプチドは、ビウレットに似た構造を持ち、アルカリ性溶液中で銅(II)イオンに配位し、赤紫色から青紫色に呈色する。この反応は1833年にドイツで発見されたが[1]、1857年にそれとは別にポーランドの生理学者、G.ピオトロウスキーによって再発見された[2]。タンパク質がペプチド結合を多く含むほど強く呈色し、さらに、タンパク質のグラムあたりに現れるペプチド結合の数はほぼ同じであるため、タンパク質のおおよその濃度を測定するのにもビウレット反応は有効である[3]。この反応で使う液体をビウレット溶液(Biuret solution)という。

いくつかの派生形も考え出されており、BCAテストやロウリー(Lowry)テストなどが[4]

ビウレット反応という名前だが、ビウレットは生成しない。

準備[編集]

試料を水に溶かし、それと同じ体積の質量パーセント濃度1%の強塩基(たいていNaOHKOH)の水溶液を用意する。強塩基の水溶液に数滴の硫酸銅(II)水溶液を加え、試料の水溶液と混ぜ合わせる。水溶液が紫色に変わったらタンパク質かポリペプチドが試料中に存在することになる。検出されるペプチドは少なくとも3つのアミノ酸分子が縮合したものになる。検出できるペプチドの濃度は5mg/mL - 160mg/mLである[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ferdinand Rose (1833) "Über die Verbindungen des Eiweiss mit Metalloxyden" (金属酸化物を含むアルブミン化合物), Poggendorfs Annalen der Physik und Chemie, vol. 104, pages 132-142, doi:10.1002/andp.18331040512
  2. ^ G. Piotrowski (1857) "Eine neue Reaction auf Eiweisskörper und ihre näheren Abkömmlinge" (タンパク質とそれに関連する誘導体の新しい反応) Sitzungsberichte der Kaiserliche Akademie der Wissenschaften in Wien, mathematisch-naturwissenschaftliche Classe (ウィーン帝国哲学アカデミー会報、自然数理科学部門), vol. 24, p.335-337.
  3. ^ 厚生労働省 (2006), 参考情報 15. たん白質定量法 方法5(Biuret法), “第15改正日本薬局方”, 厚生労働省告示 平成18年 (第285号): 1619, http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/ 2009年7月4日閲覧。 
  4. ^ Chemistry of Protein Assay - Thermo Scientific Protein Methods Library
  5. ^ Fenk, C. J.; Kaufman, N.; and Gerbig, D. G. J. Chem. Educ. 2007, 84, 1676-1678.

参考文献[編集]