ビアフラ物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビアフラ物語』(ビアフラものがたり、The Biafra Story)は、イギリスの作家フレデリック・フォーサイスが記者時代に書いたノンフィクションルポルタージュである。副題は「飢えと血と死の淵から」。1969年出版。

1967年7月6日、アフリカナイジェリアで、民族対立および石油利権を巡る争いが基で内戦が勃発(ビアフラ戦争)。BBC特派員であったフォーサイスは、10日には現地入りし、戦闘のさなか「道端に駐車した小型のバンの中で書き綴った」という。

独立を宣言した東部州(「ビアフラ共和国」)は、政府軍により包囲され、食料の供給を完全に絶たれてしまう。そのため、飢餓が発生し、軍民問わず大量の死者を出すこととなった。また、当時の民族差別意識は、政府軍による残虐行為を招き、史上類を見ない壮絶な戦争となった。

フォーサイスはビアフラ側に同情的であって、彼らのために新しい国を提供しようと、後に赤道ギニアクーデターを起こそうとした、といわれている(フレデリック・フォーサイスの頁を参照)。

関連事項[編集]