ヒワの聖母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『ヒワの聖母』
イタリア語: Madonna del cardellino
Raffaello Sanzio - Madonna del Cardellino - Google Art Project.jpg
作者ラファエロ
製作年1505年–1506年ごろ
寸法107 cm × 77 cm (42 in × 30 in)
所蔵ウフィツィ美術館フィレンツェ
修復前の絵画。

ヒワの聖母』(ヒワのせいぼ、鶸の聖母[1], : Madonna del cardellino)は、イタリアルネサンス期の画家ラファエロによる、1505年から1506年ごろの板上の油彩画である。 2008年に10年間の修復作業が完了し、その後、絵画はフィレンツェウフィツィ美術館に戻された[2]。修復中には、古い時代のコピーが本来の絵画に取って代わって美術館に置かれていた。

画家[編集]

ラファエロは、ミケランジェロレオナルド・ダ・ヴィンチとともに盛期ルネサンスの「巨匠」と見なされている。画家は1483年に生まれ、1520年に亡くなったので、わずか37年しか生きなかった。その比較的短い生涯にもかかわらず、生きている間中は非常な影響力があった。画家は、さまざまな媒体で膨大な量の作品を制作し、建築、版画、絵画、素描の面で活動的であった。画家としての人生の前半に北イタリアを旅して何年も過ごし、そこで見たフィレンツェの様式に影響を受けたが、この時期はフィレンツェ時代と呼ばれた。その後、1508年に画家はローマに移り、そこで制作し続けた。注文の多くは、画家の最も有名な作品の一つである『アテネの学堂』の描かれたバチカン宮殿からのものであった[3]。教会との関係により、ラファエロとミケランジェロは芸術家としての生涯を通じて激しいライバルであり、同じ注文をめぐって競争することがよくあった。ラファエロのフィレンツェ時代に、『ヒワの聖母』は、他の有名な聖母子画である『牧場の聖母』と『美しき女庭師』とともに描かれた。三作すべてに共通するいくつかの特徴がある。聖母は赤と青の服を着ており、同じ三人の人物が描かれている。またピラミッド型の構図、自然の背景、本、十字架、または実際にはゴシキヒワの表現による教会とのつながりも然りである。

絵画[編集]

この絵画では、フィレンツェ時代のほとんどの聖母子画のように、ラファエロは三人の人物(聖母マリアキリスト洗礼者ヨハネ)を幾何学的なデザインに合わせるように配置した。三人の人物の位置は自然であるが、いっしょにほぼ正三角形を形成している。聖母は、ラファエロの他のさまざまな聖母と同様に、若く美しく表現されている[4]。聖母はまた、典型的な赤と青の服を着ている。赤はキリストの情熱を、青は教会を意味するために使用されたからである。キリストと洗礼者ヨハネはまだとても幼く、赤子にすぎない。洗礼者聖ヨハネは手にゴシキヒワを持っており、キリストは鳥に触れるために手を差し伸べている。背景はラファエロに典型的なものである。 自然の環境は多様であるが、それでもすべてのものが今展開している中心的な主題を静かに縁取っている。

この聖母子画は、ラファエロから友人のロレンツォ・ナーシへの結婚式の贈り物であった。 1548年11月17日、ナーシの家は地震で破壊され、絵画は17の断片に割れてしまった。すぐに回収され、急いで復元されたが継ぎ目はかなり目立っていた。2002年、プレシャス・ストーンズ (Precious Stones) という組織のジョージ・ボンサンティ (George Bonsanti) は、パトリツィア・リーターノ (Patrizia Riitano) に修復の仕事を依頼した。その後の6年間の過程で、彼女のチームは絵画の色を劣化させていた長年の汚れを取り除き、はるか昔の地震による被害を修復するため取り組んだ。プロジェクトを開始する前に、彼らはX線、CATスキャン、赤外線リフレクトグラフィー、さらにはレーザーなどのテクノロジーを利用して、作品を可能な限り綿密に調査した。 リーターノは、ラファエロによる原画が最終的に透けて見えるまで、塗り重ねられたり、削除されたりしていた、過去の応急手当の修復層を綿密に調査した。修復は2008年に完了し、絵画はウフィツィ美術館に展示された[5]

『ヒワの聖母』では、ゴシキヒワはキリストの磔刑を表している。その理由として、鳥の赤い斑点が磔刑の時に生まれたという伝説がある。鳥はキリストの頭上を飛んで、キリストの茨の冠からとげを取ったが、その時キリストの血の滴がかかったのである。聖母の手にある本には、「知恵の玉座(Sedes Sapientiae)」と読める。この言葉は通常、聖母が玉座に座り、イエスを膝に乗せている画像に適用されるが、この場合、碑文は聖母が座っている岩が彼女の自然の玉座であることを意味している。

ヴァザーリの手による何点かのバージョンでは、別の同様の絵がヴァロンブロサ・バージョンとして説明されているが、それは特定されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 鶸の聖母(ひわのせいぼ)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2021年5月5日閲覧。
  2. ^ Pullella, Philip (2008年10月28日). “Technology helps restore Raphael masterpiece”. Reuters. https://www.reuters.com/article/artsNews/idUSTRE49R01M20081028 2008年10月28日閲覧。 
  3. ^ Beck, James H. Raphael. New York : H.N. Abrams, 1994.
  4. ^ Cuzin, Jean Pierre. Raphael : His Life and Works. Secaucus, N.J.: Chartwell Books, 1985.
  5. ^ Popham, Peter. “Return of the Fallen Madonna". Independent (October 29, 2008): 2.

参考文献[編集]

  • Beck, James H. (1976). “The Madonna of the Goldfinch”. Raphael. New York: Harry N. Abrams. pp. 106–107. ISBN 0-8109-0432-2. LCCN 73--12198 

外部リンク[編集]