ヒロユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒロユキ
生誕 (1982-04-23) 1982年4月23日(39歳)
日本の旗 日本石川県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
代表作ドージンワーク
マンガ家さんとアシスタントさんと
アホガール
公式サイト 公式ブログ『自称清純派』 (日本語)
テンプレートを表示

ヒロユキ1982年昭和57年)4月23日 - )は、日本漫画家イラストレーター石川県出身、東京都練馬区在住。男性。代表作に『ドージンワーク』・『マンガ家さんとアシスタントさんと』・『アホガール』など。

人物[編集]

  • 東京アニメーター学院卒業。一時アニメーターになるが、漫画を描くために辞める。2021年令和3年)現在もアマチュア時代からの同人活動を続けており、サークル名は「自称清純派」。
  • 自画像はブルマに一本線の手足と顔が付いているというもの。そのため「ブルマくん」と名乗っていることもしばしば。おまけページに登場するだけではなく、ブルマくんが主役として登場する同人誌もある。比較的、確立されたキャラクターとなっているのが特徴。『アホガール』単行本1巻の巻末描き下ろしページから、自画像キャラクターをバナナに顔と手足が付いたものに改めている。
  • 漫画家の恵広史は実の。「頭脳系」の作品を描いている姉に対して、のヒロユキは「アホ系」の作品を得意とする。『ちょっと盛りました。』では姉から挑戦状を送りつけられ、「どちらが売れるか」勝負を挑まれたが、色々なハンデをつけられたことを明かしている。
  • 尊敬する漫画家は赤松健で、同人誌『ネギま!ファンブック計画』にて対談したこともある。のちに週刊少年マガジン2014年平成26年)39号(8月27日発売)にて、ヒロユキが描いた「ラブひな」特別読み切り(12ページ)が掲載された[1]
  • 商業では、作家や漫画家を題材にした作品を発表することが多い。
  • テレビアニメ「ドージンワーク」の実写パート「ドージンワクワク」で顔出し出演している[2]
  • 2009年(平成21年)6月、企画としては2年前から進められた『コミックギア』(芳文社)の制作総指揮を担当することを発表。漫画家が自ら企画を提案するのは異例だが、本人は「連載作家全員が、自分の作品だけでなく漫画誌全体のことを考えるような漫画誌を作りたい」という思いを以前より考えていたとのこと[3][4]だが、わずか2号で休刊となる[5]

漫画作品[編集]

イラスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ラブひなをヒロユキが描く!赤松画ポスターも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年8月27日). http://natalie.mu/comic/news/124638 2021年1月17日閲覧。  (日本語)
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。 (日本語)
  3. ^ コンセプト (日本語) - コミックギア(2009年7月23日時点のアーカイブ
  4. ^ マンガ家チームが企画し描く、新雑誌コミックギア誕生 (日本語) - livedoorニュース、2021年令和3年)1月17日閲覧。(2010年(平成22年)7月13日時点のアーカイブ
  5. ^ コミックギア (日本語)2009年(平成21年)7月26日時点のアーカイブ
  6. ^ アホガール : 作品情報”. アニメハック. 2021年1月17日閲覧。 (日本語)

外部リンク[編集]