ヒルマモデルクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社ヒルマモデルクラフト
HIRUMA MODEL CRAFT Production.
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
183-0026
東京都府中市南町5-38-33
代表者 代表取締役 比留間伸志
外部リンク http://hmc-onlineshop.jp/
テンプレートを表示

ヒルマモデルクラフト (HIRUMA MODEL CRAFT) は東京に本社を置く、特殊撮影などに使う特殊美術造形 (SFX) のプロップ(撮影用ミニチュア)製作会社。

概要[編集]

主に映像用、展示用、販売用などの模型を制作。

  • 創業:1967年8月
  • 設立:1972年7月
  • 社長:比留間伸志(2004年12月時点)

模型塗装ウェザリングの手法として、戦闘機の機体などに明度の違う同系色を重ね塗りし、パネルの表現をするヒルマ汚しと呼ばれる技法は、『空の大怪獣ラドン』やゴジラシリーズに美術スタッフとして参加していた比留間の名前にちなむ。

主な人物[編集]

比留間 伸志ひるま しんじ
1932年生まれ[1]。鉄道模型会社のカツミ模型で勤めていたが、東宝の特殊美術であった入江義夫の誘いを受けて映画『ゴジラ』のミニチュア制作に参加し、それ以後も『空の大怪獣ラドン』など東宝特撮作品に携わる[1][2]。1966年に再び入江の誘いを受けて東宝を離れ、特撮テレビ番組『マグマ大使』に参加[1][2]。その後、ヒルマモデルクラフトを設立し、特撮テレビ番組などの造形を手がけた[1][2]

所属団体[編集]

下記団体の会員である。

  • 日本鉄道模型連合会 (JMRA)
  • 日本産業模型協会 (JEMS)

主な映像作品[編集]

上記のほか、日本テレビのバラエティ番組『電波少年に毛が生えた 最後の聖戦』の河童騒動で使用された河童スーツなどもある。

販売用模型製品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 中村哲、友井健人 「Staff Interview 比留間伸志」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年10月2日、68頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  2. ^ a b c d e f g 友井健人 「ヒルマモデルクラフト 比留間伸志インタビュー」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、87頁。ISBN 978-4-86248-805-3

外部リンク[編集]