ヒルベルト・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はビダルです。
ヒルベルト・マルティネス Football pictogram.svg
名前
本名 ヒルベルト・マルティネス・ビダル
Gilberto Martínez Vidal
愛称 Tuma、中米のカンナヴァーロ
ラテン文字 Gilberto MARTÍNEZ
基本情報
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
生年月日 (1979-10-01) 1979年10月1日(38歳)
出身地 プンタレナス州ゴルフィートスペイン語版
身長 174cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (CB, RSB)
利き足 右足
ユース
1997-1999 コスタリカの旗 サプリサ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2002 コスタリカの旗 サプリサ 68 (0)
2002-2012 イタリアの旗 ブレシア 218 (1)
2006-2007 イタリアの旗 ローマ (loan) 0 (0)
2011 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 9 (0)
2013-2015 イタリアの旗 レッチェ 49 (0)
2015 イタリアの旗 モンツァ 13 (0)
2015-2016 イタリアの旗 ナルドイタリア語版 19 (0)
2016-2017 イタリアの旗 チェリニョーライタリア語版 0 (0)
代表歴2
2001- コスタリカの旗 コスタリカ 61 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年4月14日現在。
2. 2013年3月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヒルベルト・マルティネス・ビダルGilberto Martínez Vidal, 1979年10月1日 - )は、コスタリカプンタレナス州ゴルフィート出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー

「中米のファビオ・カンナヴァーロ」の異名を持つプレーヤー。

経歴[編集]

サプリサ[編集]

太平洋沿岸の街ゴルフィートで生まれる。デポルティーボ・サプリサのユースで育ち、2000年1月19日のCSカルタヒネス戦でプロデビューし、4-0の勝利で飾った[1]

ブレシア[編集]

2002年9月15日、日韓ワールドカップでのパフォーマンスを評価したブレシア・カルチョと契約。11月6日のパルマFC戦でセリエAデビューすると、加入初年度でディフェンスラインの主力となった。2004年12月5日のレッジーナ・カルチョ戦で初ゴールを挙げた。

ドイツ・ワールドカップにおいて足首を負傷したことにより、以降のシーズンは出場機会が減少する。2006-07シーズンASローマ期限付き移籍するがリーグ戦でプレーすることはできず、1シーズンでブレシアに戻った[2]。2008年8月23日のコッパ・イタリアトリノFC戦で復帰すると、セリエBながらレギュラーの座を取り戻した。

2011年1月31日からシーズン後半はUCサンプドリアへローンとなる。9月22日にブレシアとの契約を解除したが[3]、12月2日には再び契約を交わしたことが発表された[4]。最終的に同クラブではビクトル・マレコ英語版を上回り外国人最多となる228試合に出場した。

レッチェ[編集]

2011-12シーズン終了に伴いスタディオ・マリオ・リガモンティを去ると、半年間のフリー期間を経て2013年1月10日にレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネUSレッチェへ加入。2月24日のヴィルトゥス・エンテッラ戦で同クラブ初出場となった。7月22日にクラブとの契約を2年延長した[5]

モンツァ以降[編集]

2015年1月より半年間はACモンツァでプレーした。2015-16シーズンからはセリエDACDナルドに加入。2016年1月にACリミニ1912との移籍交渉が行われたが、EU枠の問題で不成立に終わった[6]。翌シーズンはセリエDのUSDアウダーチェ・チェリニョーラでプレー[7]

2017年末を以て現役を引退することを表明した[8]

代表歴[編集]

1999年にナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権のメンバーに選出された[9]

2001年1月15日、2002 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選グアテマラ戦でコスタリカ代表デビュー。計61試合に出場した[10]ワールドカップ予選には26試合でプレー。2002年大会2006年大会の舞台にも立ち、前者においては全3試合でスタメンに名を連ねた。。2001年及び翌年のUNCAFネイションズ・カップ2003 CONCACAFゴールドカップコパ・アメリカ2001でもプレーした。

2011年3月に開催されたアルゼンチンとの親善試合が自身最後の代表戦となった。

タイトル[編集]

サプリサ
ローマ

脚注[編集]

  1. ^ Gilberto Martínez Vidal”. Nación. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ Gilberto Martínez se va de la Roma sin jugar un solo minuto”. Nación (2007年8月25日). 2018年4月14日閲覧。
  3. ^ UFFICIALE: Martinez lascia il Brescia”. TUTTOmercatoWEB.com (2011年9月22日). 2018年4月14日閲覧。
  4. ^ UFFICIALE: Gilberto Martinez ritorna al Brescia”. TUTTOmercatoWEB.com (2011年12月2日). 2018年4月14日閲覧。
  5. ^ Lega Pro: Gilberto Martinez rinnova col Lecce”. Calciomercato.com (2013年7月22日). 2018年4月14日閲覧。
  6. ^ Rimini Calcio: è saltato il tesseramento di Gilberto Martinez”. newsrimini.it (2016年1月15日). 2018年4月14日閲覧。
  7. ^ E’ ufficiale: il costaricano Gilberto Martinez è dell’Audace Cerignola”. USD Audace Cerignola (2016年10月19日). 2016年11月13日閲覧。
  8. ^ Gilberto Martínez confiesa en su retiro que estuvo muy cerca del Real Madrid”. La Nación (2017年12月26日). 2018年4月14日閲覧。
  9. ^ Gilberto Martínez – FIFA competition record”. FIFA.com. 2018年4月14日閲覧。
  10. ^ Appearances for Costa Rica National Team”. RSSSF. 2018年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]