ヒルトン成田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒルトン成田
Hilton Narita Building.JPG
ホテル概要
運営 イシン・ナリタ・オペレーションズ
所有者 イシン・ナリタ・ホールディングス
前身 リーガロイヤルホテル成田
階数 地下1階 - 地上14階
部屋数 548室
開業 2002年4月1日
最寄駅 空港第2ビル駅
最寄IC 新空港自動車道成田インターチェンジ
所在地 千葉県成田市小菅456
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
リーガロイヤルホテル成田
ホテル概要
運営 リーガロイヤルホテル成田
所有者 リーガリアルエステート成田
開業 1993年10月23日
閉業 2002年3月28日
テンプレートを表示
ヒルトン成田の位置(成田国際空港内)
ヒルトン成田
ヒルトン成田の位置

ヒルトン成田(ヒルトンなりた、英称:Hilton Tokyo Narita Airport)は、千葉県成田市にあるホテルである。

概要[編集]

国道295号新空港自動車道沿いの成田インターチェンジ前に位置し、成田国際空港までは約5Kmほどの場所にある。道路を挟んだ東側には成田エクセルホテル東急(東急ホテルズ)、国道295号の対岸側には成田ビューホテルが所在している。

リーガロイヤルホテル成田[編集]

当ホテルは元々、住友グループロイヤルホテルバブル期の1990年に330億円を投じて、1993年10月23日に「リーガロイヤルホテル成田」として開業したものである。運営は子会社の株式会社リーガロイヤルホテル成田が行った。

ロイヤルホテルの自社物件として関東地区に初進出し、高級リゾートホテルとして君臨したが、1999年連結決算で1500億もの有利子負債を抱える状態となったロイヤルホテルの経営再建が急務となる。そして住友銀行主導による金融支援策の一環として、2001年2月にロイヤルホテルは経営撤退と企業再生ファンドとしては未だ駆け出しであった維新ホスピタリティグループ(イシン・ホテルズ・グループ)への施設保有会社(リーガロイヤルエステート成田)の売却を発表した。
これに伴いリーガロイヤルホテル成田は不動産資産の譲渡損として257億円の特別損失が生じ、上場親会社のロイヤルホテルは2001年3月期の連結決算で280億円の債務超過状態に陥ることから、住友銀行へ債権放棄を要請した。

この時期を挟んで、ホテル経営を舞台とした読売テレビ制作・日本テレビ系のドラマシンデレラは眠らない』の「レンブラントホテル東京」としてロケに使われている。

ヒルトン成田[編集]

維新ホスピタリティは発表通り2001年2月に特別目的会社「イシン・ナリタ・ホールディングス」を通じて僅か80億円で買収し、ロイヤルホテルから2002年3月までのホテル名称使用許諾とリーガロイヤルホテルズとしてマネジメント提携のうえ営業された。その後、当時の維新ホスピタリティ社長の前職で関わりが有ったヒルトンとフランチャイズ契約を締結し、2002年4月1日付けで「ヒルトン成田」へリブランド開業した。

高速インターネット通信(基本的に有料)全室完備の11室のスイートルームを含む全548室、3つのレストラン&バーとインターネットカフェ、大小19の宴会場、室内プールなどを完備する。

運営はイシン・ホテルズ・グループ傘下の有限会社イシン・ナリタ・オペレーションズが担う。中間持株会社イシン・ナリタ・ホールディングス傘下のインターナショナルガーデンホテル成田と共同で空港間送迎バスが運行されている(所要時間は20分ほど)。このバスは売却によりグループ外となった成田ゲートウェイホテル(旧成田ポートホテル)も経由する。

アクセス[編集]

  • 無料ホテルシャトルバス
    京成成田駅東口(住友生命ビル南側) - インターナショナルガーデンホテル成田 - ヒルトン成田
    空港第1ターミナル(1階バス停16番) - 空港第2ターミナル(1階バス停26番) - ヒルトン成田

関連項目[編集]

外部リンク[編集]