ヒルトン小田原リゾート&スパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ホテル概要
正式名称 ヒルトン小田原リゾート&スパ
ホテルチェーン ヒルトン
運営 小田原ヒルトン
所有者 小田原市
前身 スパウザ小田原
階数 地下1階 - 地上12階
部屋数 172室
開業 1998年3月
ヒルトンとしては2004年2月1日
最寄駅 JR根府川駅
最寄IC 西湘バイパス石橋IC
所在地 〒250-0024
神奈川県小田原市根府川583-1
位置 北緯35度12分24.3秒
東経139度7分54秒
座標: 北緯35度12分24.3秒 東経139度7分54秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ヒルトン小田原リゾート&スパ(Hilton Odawara Resort & Spa)とは、小田原市が所有し、ヒルトングループが運営委託を受けているリゾートホテルである。所在地は小田原市根府川。

概要[編集]

1980年代からの日米貿易摩擦の中で、1988年昭和63年)6月20日に日米牛肉・オレンジ交渉が決着し、オレンジは3年後の1991年平成3年)に輸入自由化されることになった。この対応策として、全国的にみかん園の他用途への転換が促進されることになり、1988年4月に、小田原市根府川地区にあったみかん園の転換跡地利用方策として小田原市が特殊法人雇用促進事業団に対して誘致活動を行った。1990年(平成2年)3月には雇用保険法に基づく勤労者福祉施設の建設が決定し、1993年(平成5年)7月に着工、1997年(平成9年)10月にスパウザ小田原として完成した。総工費は445億円で、この財源は雇用保険料のうちの事業主負担分(労働者の負担分は使われていない)であった。1998年(平成10年)3月に営業開始した。

しかし伊豆半島を中心とする他の温泉街を中心に、巨大観光地をいきなり雇用保険で建設したことや勤労者福祉施設であるために宿泊費等を安価に設定できることなどの反発を受けたため、勤労者福祉施設の廃止への流れの中で、小田原市に売却が提案された。

小田原市は、運営委託する企業を公募し、その中からヒルトンへの委託を決定。2004年(平成16年)に特殊法人の雇用・能力開発機構(雇用促進事業団を継承)から8億5千万円で購入、同年2月1日より「ヒルトン小田原リゾート&スパ」としてオープンした(オープンまでのドキュメントは、テレビ東京ワールドビジネスサテライト」で放送された)。

施設や一連の工事に巨額な費用を投じたことにより、東京ドーム5個分の広大な敷地に、ホテル、温泉、テニスコート、ボウリング場などの施設が備わっている。

特典[編集]

小田原市が所有しており、小田原市民に対して一部の施設利用における優待制度が設けられている。

優待料金を適用する際には、公的証明書(運転免許証健康保険証住基カード)か、ヒルトン小田原が発行する市民優待カードを提示する。市民優待カードの発行においては、証明写真と公的証明書が必要となる。

アクセス方法[編集]

鉄道[編集]

下記の駅より、無料シャトルバスが運行している。

[編集]

下記のインターチェンジより、国道135号県道740号を通る。

関連サイト[編集]