ヒルダ・フォン・ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒルダ・フォン・ナッサウ
Hilda von Nassau
バーデン大公妃
Baden-hilda.jpg
在位 1907年9月28日 - 1918年11月22日

全名 ヒルダ・シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ
Hilda Charlotte Wilhelmine
出生 (1864-11-05) 1864年11月5日
ヴィースバーデン・ビーブリッヒ
死去 (1952-02-08) 1952年2月8日(87歳没)
バーデンヴァイラー
配偶者 バーデン大公フリードリヒ2世
家名 ルクセンブルク=ナッサウ家
父親 ルクセンブルク大公アドルフ
母親 アーデルハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウ
テンプレートを表示

ヒルダ・フォン・ナッサウドイツ語: Hilda Charlotte Wilhelmine von Nassau, 1864年11月5日 - 1952年2月8日)は、バーデン大公フリードリヒ2世の妃。フランス語名はイルダ・ド・ナッソー(Hilda de Nassau)。ナッサウ公アドルフとその2度目の妃アーデルハイトの末娘として、ヴィースバーデン・ビーブリッヒで誕生した。父アドルフはのちにルクセンブルク大公となったが、それはヒルダが結婚した後の1890年であるため、彼女はルクセンブルク大公女とは呼ばれない。

生涯[編集]

1885年9月20日、フリードリヒ2世と結婚した。しかし、子供をもうけることはなかった。1918年にドイツ帝国とその傘下にあった他の諸邦と共にバーデン大公国が消滅すると、夫妻はボーデン湖上の島にある城に引退し、スウェーデン王子ヴィルヘルムの息子であるヴィスボリ伯レンナルト・ベルナドッテを養子にした。ヴィルヘルムはフリードリヒ2世の妹ヴィクトリアとスウェーデン王グスタフ5世の次男であり、またグスタフ5世はヒルダの父アドルフの異母妹ソフィアの息子であった。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ
ルクセンブルク大公
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
バーデン大公
 
 
 
ソフィア
 
オスカル2世
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム4世
ルクセンブルク大公
 
ヒルダ
 
フリードリヒ2世
バーデン大公
 
ヴィクトリア
 
グスタフ5世
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グスタフ6世アドルフ
スウェーデン王
 
ヴィルヘルム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レンナルト