ヒュー・ボスコーエン (第2代ファルマス子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2代ファルマス子爵ヒュー・ボスコーエン英語: Hugh Boscawen, 2nd Viscount Falmouth1707年3月20日1782年2月4日)は、グレートブリテン王国の貴族、軍人。1720年から1734年までヒュー・ボスコーエン閣下儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

初代ファルマス子爵ヒュー・ボスコーエンとシャーロット・ゴドフリー(Charlotte Godfrey)の長男として、1707年に生まれた[1]

1727年イギリス総選挙トゥルーロ選挙区英語版から出馬して当選した後、1729年4月の王室費に関する決議で与党側で投票したが、翌年には野党に転じた[2]。1734年10月25日に父が死去すると、ファルマス子爵の爵位を継承した[1]

以降はフレデリック・ルイス王太子を支持して、1741年イギリス総選挙で影響力を発揮し与党に多くの議席を失わせることに成功したが、1742年に王太子と決裂、1744年にはヘンリー・ペラムニューカッスル公爵兄弟に味方した[2]。1747年に国王親衛隊隊長に任命され、1782年まで務めた[2]。その後、1756年12月に枢密顧問官に任命された[3]。また、軍階でも昇進を続け、1755年に少将に、1759年に中将に[4]、1772年に大将に昇進した[5]。名誉職では1761年5月13日から1782年2月4日までコーンウォール副提督英語版を務めた[6]

1782年2月4日に死去、子供がいなかったため甥ジョージ・エヴリン(弟エドワードの息子)が爵位を継承した[1]

家族[編集]

1736年5月6日、ハンナ・キャサリン・マリア・スミス(Hannah Catherine Maria Smith、トマス・スミスの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

庶子を3人(2男1女)儲けており、うち息子の1人ヒュー英語版(1795年没)は庶民院議員を務めた[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 741.
  2. ^ a b c Cruickshanks, Eveline (1970). "BOSCAWEN, Hon. Hugh (1707-82)". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 24 June 2019.
  3. ^ The London Gazette: no. 9644. p. 1. 1756年12月14日。
  4. ^ The London Gazette: no. 9871. p. 1. 1759年2月17日。
  5. ^ The London Gazette: no. 11251. p. 2. 1772年5月23日。
  6. ^ "Vice Admirals of the Coasts from 1660". Institute of Historical Research (in English). Archived from the original on 28 September 2006. Retrieved 24 June 2019.
  7. ^ Namier, Sir Lewis (1964). "BOSCAWEN, Hugh (d.1795), of Windlesham, Surr". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 24 June 2019.
グレートブリテン議会英語版
先代:
スペンサー・クーパー英語版
トマス・ウィンダム
庶民院議員(トゥルーロ選挙区英語版選出)
1727年 – 1734年
同職:シドニー・メドウズ英語版
次代:
ケランド・コートネイ
ロバート・トレフューシス
名誉職
先代:
エドワード・ボスコーエン
コーンウォール副提督英語版
1761年 – 1782年
次代:
マウント・エッジカム=ヴァルトート子爵英語版
公職
先代:
トリントン子爵英語版
国王親衛隊隊長
1747年 – 1782年
次代:
ドーセット公爵英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ヒュー・ボスコーエン
ファルマス子爵
1734年 – 1782年
次代:
ジョージ・エヴリン・ボスコーエン