ヒュンダイ・HB20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

HB20は、ヒュンダイが製造・販売している自動車である。

概要[編集]

HB20
Red hyundai hb20.JPG
製造国 ブラジルの旗 ブラジル
販売期間 2012-年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 1.0L I3/I4
駆動方式 FF
変速機 5MT
4AT
全長 3,900mm (ハッチバック)
4,230mm (セダン)
3,995mm (クロスオーバー)
全幅 1,680mm (ハッチバック、セダン)
1,710mm (クロスオーバー)
全高 1,470mm (ハッチバック、セダン)
1,550mm (クロスオーバー)
ホイールベース 2,500mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2012年9月12日バイーア州コマンダトゥーバで発表[1]。ヒュンダイが6億USドルを投じてサンパウロ州ピラシカーバに建設した新工場にて9月20日から生産が行われ、10月初めから販売を開始する予定である。

HB20はヒュンダイの現地化戦略の拡大の一環として、ブラジル専用に開発された車種である。車名のHB20は"Hyundai Brazil"の頭文字「HB」と、車格(Bセグメント)を示す数字「20」を組み合わせたものである。開発には約5年の期間を費やし、構想段階からブラジルの典型的な道路状況や顧客の嗜好に最適化した車の開発を行うべく、ブラジルと韓国の多数のエンジニアがこのプロジェクトに従事した。

HB20はヒュンダイ初のフレックス燃料車である。エンジンは直列3気筒 1.0L 「カッパ」はエタノール走行時で58.8kW (80仏馬力)、ガソリン走行時で55.1kW (75仏馬力)を発揮する。直列4気筒 1.6L 「ガンマ」はエタノール走行時で94kW (128仏馬力)、ガソリン走行時で89.7kW (122仏馬力)を発揮する。トランスミッションは5速MTが標準で、1.6Lのみ4速ATも設定される。

装備は油圧式パワーステアリング、前席デュアルエアバッグエアコン、ブレーキランプ内蔵スポイラー、リアウインドシールドワイパーなどが最廉価グレードでも標準装備される。


脚注[編集]

  1. ^ Hyundai Launches Brazil-Exclusive Model, HB20”. Hyundai Press Release (via Cisionwire) (2012年9月13日). 2012年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]