ヒュンダイ・マイティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュンダイ・マイティHyundai Mighty, ハングル: 현대 마이티)は韓国現代自動車1986年から製造・販売している小型および中型トラックである。

海外ではヒュンダイ・HDシリーズの一部となり、HD45、HD65、HD72などの車名で販売されている。この車名の数字は車両総重量を示している(例えば45は4.5トン)。

歴史[編集]

初代(1986年-1998年)[編集]

初代マイティ(前期型)
初代マイティ(後期型)

1986年、マイティは韓国市場に導入された。マイティは三菱ふそう・キャンターリバッジ車であり、ベース車との相違点はブランドのエンブレムのみであった。1987年にはアジアへの輸出が開始され、数年のうちに他の市場にも輸出された。ヨーロッパでは東欧と南欧で販売された。

シングルまたはデュアルキャブがラインナップされ、117PSを発揮する三菱製ターボディーゼルが搭載された。当初は積載量2.5トンの車両が販売され、後に3.5トン車も加わった。1994年11月にフェイスリフトが行われ、ヘッドライトが丸型から角型に変更された。また、ABSがオプションで設定された。


2代目(1998年-現在)[編集]

前期型(マイティⅡ、1998年-2004年)[編集]

マイティⅡ
ベーリング・LD15

1998年、2代目モデルが「マイティⅡ」として登場する。マイティⅡは自主開発車であるが、プラットフォームは先代のマイティをベースにしている。ともあれ、乗り心地は改善され、外観もより現代的に改められた。キャブチルト可能なシングルまたはデュアルキャブという特徴はそのままであるが、3.5トンの積載量が可能となった。エンジンはヒュンダイ自身の3.3Lターボディーゼルが搭載され、120PSを発揮した。

2000年、ヒュンダイの傘下に入った起亜自動車が、マツダ・タイタンベースの「トレード」 (Trade) に代わる車種として「パマックス」(Pamax) を発売した。パマックスはマイティⅡの姉妹車であるが、大幅に異なるデザインのフロントマスクが与えられた。

これと同時期に、マイティⅡはABSが標準で設定され、運転席エアバッグがオプションで用意された。

北米では、短期間であるが、マイティⅡはベーリング・トラック (Bering Truck) によって、デトロイトディーゼル製のエンジンおよびアリソン・トランスミッション製のオートマチックトランスミッションが搭載され、ベーリング・LDの車名で製造・販売された。

マレーシアではイノコム2007年3月からイノコム・HD5000として製造・販売している[1](後にAD3に改名)。


後期型(eマイティ、2004年-現在)[編集]

eマイティ

2004年9月、大幅改良されて「eマイティ」として発売された。外観は姉妹車のキア・パマックスをベースにエンブレムなど小規模な変更を加えたものとなった。一方、パマックスの販売は打ち切られ、キアのトラックはボンゴのみとなった。また、内装もダッシュボードが変更を受けた。

なお、全幅の狭いナローボディ版は外観の変更を受けず、マイティQTと改名して継続販売された。

より厳格化された排ガス規制に対応するべく、エンジンはD4GA型3.9Lターボディーゼルに換装された。当初は147PSを発揮し、後に150PSに引き上げられた。また、さらなる軽量化が行われて最大積載量が3.8トンの積載量を可能とした。

2012年、車名を再び「マイティ」に戻した。


脚注[編集]

  1. ^ All-new Inokom HD5000 Truck Launched” (2007年4月4日). 2014年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]