ヒュンダイ・ベラクルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロント
リア

ヒュンダイ・ベラクルーズ(Hyundai Veracruz、ベラクルスとも)は、かつて現代自動車が製造・販売していた中型クロスオーバーSUV (CUV) 。車名はメキシコベラクルスに由来する。かつて、欧州でもヒュンダイ・ix55 (Hyundai ix55) の車名で販売されていたが同市場での廃止後も、2015年10月まで韓国国内専売車種として引き続き生産された。

歴史[編集]

初代(EN型、2006年-2015年)[編集]

韓国で2006年10月12日に発表、翌13日から発売を開始。北米では2007年1月北米国際オートショーでデビューした。欧州向けix55は大きく遅れて2008年8月モスクワ国際モーターショーで発表された(その後、10月のパリモーターショーにも出展)。

ボディオンフレーム型のSUVだったテラカンに代わるヒュンダイの最上級SUVであり、同社自身ではLUV (Luxury Utility Vehicle) と称している。プラットフォームは一回り小さいサンタフェのものを延長して使っている。生産は全て韓国の蔚山工場で行われる。

エンジンは3.8L V6(ラムダエンジン)と3.0L V6コモンレールディーゼル(Sディーゼルエンジン)の2種類で、これにアイシンAW製6速ATが組み合わせられる。

2013年には後継車種とされるサンタフェのロングホイールベース版(北米市場:サンタフェ、欧州市場:グランドサンタフェ)も発表されたが、韓国市場においてはマックスクルーズの名でベラクルーズとは別車種として2013年3月に発表・発売開始した。

2015年10月、韓国専売だったV6・3.0Lディーゼルエンジン搭載モデルが生産終了したことで、歴史に幕を閉じた。後継車種はマックスクルーズ。

外部リンク[編集]