ジェルム川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒュダスペス川から転送)
移動先: 案内検索
ジェルム川
Jhelum River-Pakistan.jpg
夏の間のジェルム川
水系 インダス川
延長 725 km
平均流量 221.9 /s
バラムラ英語版付近)
流域面積 33,700 km²
水源 ベリナグ湖
河口・合流先 シェナブ川
流域 インドの旗 インド パキスタン
テンプレートを表示

ジェルム川(サンスクリット語: वितस्ताウルドゥー語: جہلم‎、英語: Jhelum River古代ギリシア語: Hydaspes[1])は、インド北西部とパキスタン東部を流れる河川である。この川はパンジャーブを流れる5つの河川のなかで最西端にあり[2]ジェーラム県英語版を流れている。また、この川はシェナブ川支流で、流域面積は3万3700km2[2]、725kmの長さを有する[3]。日本語だとジェールム川ジェーラム川とも訳される。古代にはヒュダスペス川とも呼ばれていた。(後述)

語源[編集]

ジェルム川の主な水源であるベリナグ湖

アンジュム・スルタン・シャウバズは、自分の著書である「Tareekh-e-Jhelum」で川の語源についていくつかの話を記録した。その本には、「多くの作家がジェルム川の語源について異なる意見を持っている。一説では古代の『 Jhelumabad 』が『 Jhelum 』として知られていたのが語源であるとされている。Jhelumは『Jal (新鮮な水)』と『Ham (雪)』が由来である。従って、この名前は雪で覆われたヒマラヤ山脈を水源とし、都市の外に流れる川の水を意味する。」と記されている[4]。しかし、数人の作家はダラ・エ・アザムが多くの戦いの後に川岸のある場所にたどり着き、そこに旗を立て「旗の場所」を意味する「ジャ・エ・アラム」と呼び、それが「ジェルム」へと変化したという説を信じている。

この川のサンスクリット語での名前はヴィタスタ(Vitasta)である[5]。この語源はニラマタ・プナラで説明されているとおり、川に関する神話の事件が由来である。この事件は、女神であるパールヴァティーが賢者であるカシュヤパからカシミールに住み着いたピシャーチャの悪い習慣や不純物を浄化することを求められた。その後、パールヴァティーは黄泉で川の形をとり、賢者・シヴァがニラ(べリナグ)の家の近くで自前の槍を用いてストロークを行った。シヴァは槍で一つのヴィタスチの深さ[注釈 1]を計測するための側溝を掘っていたが、そこから川が出てきたので、シヴァはパールヴァティーを「ヴィタスタ」と名づけたというものである[6]

歴史[編集]

冬のべリナグ湖

ジェルム川はリグ・ヴェーダではヴィタスタ(Vitasta)、古代ギリシアではヒュダスペス(Hydaspes)と呼ばれていた。

Vitasta はリグ・ヴェーダという聖典で主要な河川のひとつとして言及されており、聖典内で何度も言及された7つの川(sapta-sindhu)だと推測されている。この名前はカシミール語のこの川を意味する「Vyeth 」として生き残っている。主な宗教作品であるバガバタ・プラナ英語版によると、ヴィタスタは古代インドバラタ地方英語版を流れる、多くの超越的河川のうちの一つである。

ジェルム川はほとんどの山や川と同様に、古代ギリシアでは神とみなされていた。ディオニュソス譚(第26巻、350行目)の中で詩人のノンノスは、ヒュダスペスは降臨した神・ティーターンと、海の神・タウマースと雲の神・エーレクトラーの息子である神が作ったと記している。この息子はの女神で、風を操るハルピュイアの半分の姉妹であるイーリスの弟である。ジェルム川は古代ギリシアにとって外国の河川にあたるため、神を指定した後に川の名前をつけたか、川の名前をつけた後に神を指定したかは定かではない。

アレクサンドロス3世率いる軍隊は、紀元前326年にインドの王であったポロスを破ったヒュダスペス河畔の戦いにてジェルム川を横断した。「アリアン」によれば、アレクサンドロス3世は、ジャパルパー・シャリフに埋葬された愛馬・ブケパロスを称えるために「ブケパロス英語版」と名づけた都市を、「ヒュダスペス川を越えた場所」に設立した。ブケパロスは現代のジェーラム英語版に近い場所にあったと考えられている。グジュラット地区の歴史家であるマンスール・ベザット・バットによれば、ブケパロスはジャパルパー・シャリフに埋葬されたが、ジェルムの近くの町であるマンディー・バハーウッディーン英語版の住人はテシルプファリアはアレクサンドロス3世の死んだ馬であるブケパロスから付けられたと信じており、プファリアはブケパロスから訛った言葉であると言っている。

ジェルム川の水はインダス川水条約英語版の条項に基づきパキスタンに配分されている。インドは、インダス水条約によってパキスタンに対する川の水の使用権を先に獲得するために、水力発電計画に力を入れている[7]。一方、パキスタンも水力発電に力を入れており、アザド・カシミール中国三峽南亜公司長江三峡集団傘下)[8]主体でカロット水力発電所の建設を行っている[9]

2014年には、豪雨によりジェルム川の堤防が決壊し、ジャンムー・カシミール州で死者300名以上の被害が出た[10][11]

流路[編集]

ジェルム川はカシミール渓谷南東部に位置するピア・パンジャール山脈英語版の付け根にあるベリナグ湖から流れており、カシミールで支流であるカンナバルリダー川シャディポラシンド川へ合流する。その後、深い渓谷を抜けてパキスタンに入る前にスリナガルとウラー湖を流れる。ジェルム川水系最大の支流であるニーラム川は、その次に大きいカガン盆地を流れるカガン川と同様にムザファラバードで合流する。パキスタンに入り、バコテ・サークルの東にあるコハラ橋で、パキスタン全土とアザド・カシミールにつながっている。その後、プーンチ川に入り、ミルパー地区マングラダム貯水池に流入する。ジェルム川はジェルム地区にあるパンジャーブ州に入り、チャジュダーブの境界線近くのパンジャーブ平原を流れる。最終的にジャング地区トリムバレッジシェナブ川と合流する。シェナブ川はサトレジ川と合流し、ミツァンコットインダス川と合流するパンジュナド川を形成する。

ダムとバラッグ[編集]

インダス盆地計画の結果、以下のものを含む水量調整施設が建てられた。

運河[編集]

  • マングラダムからシェナブ川までジェルム運河が流れている。
  • ラスルバレッジからジェルム運河までラスル・カディラバド連絡運河が流れている。
  • インダス川のキャシュマバレッジからラスルバレッジの下流のジェルム川までキャシュマ・ジェルム連絡運河が流れている。マリ・シャウ・サキラから40kmの場所にある。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 幅広い親指と小指の間か、手首から指の先端の間の長い全長として、それぞれ一定の長さの特定の尺度で測って9インチくらいの深さのものであると言われている。

出典

  1. ^ (英語) The Quarterly Review. Murray. p. 170. https://books.google.com.pk/books?id=XrNZAAAAcAAJ&pg=RA1-PA170&dq=hydaspes#v=onepage&q=hydaspes&f=false 2017年3月17日閲覧。. 
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典より
  3. ^ Jhelum River -- Encyclopædia Britannica. Retrieved on 2013-10-04.
  4. ^ Shahbaz, Anjum Sultan (2003) (ウルドゥー語). Tārīkh-i Jihlam. Main Bazar, Jhelum: Buk Kārnar [Book Corner]. OCLC 60589679. 
  5. ^ Rapson, E. J. (英語). Ancient India: From the Earliest Times to the First Century AD. Cambridge University Press. p. 171. ISBN 9780521229371. https://books.google.com.pk/books?id=AKn3p64hGycC&pg=PA171&dq=vitasta. 
  6. ^ The Nilamata Purana English Translation by Dr. Ved Kumari verses 247-261
  7. ^ India fast-tracks work on Jhelum river hydroelectric power project”. 2010年5月25日閲覧。
  8. ^ “中国:シルクロード基金が初投資、パキスタンで水力発電所整備へ”. 「newsclip.be」・日本語総合情報サイト@タイランド. (2015年4月21日). http://www.newsclip.be/article/2015/04/22/25442.html 2017年11月24日閲覧。 
  9. ^ “印パ対立に新たな火種 カシミールの水力発電所、中国が前倒し竣工”. 産経新聞社. (2017年10月4日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/171004/mcb1710040500016-n1.htm 2017年11月20日閲覧。 
  10. ^ インド北部の降雨・洪水に関する注意喚起 (PDF)”. 在インド日本大使館. 2017年11月20日閲覧。
  11. ^ “インド・パキスタンで大洪水、死者300人超=カシミール地方”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年9月8日). http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052970204707704580140872422268624 2017年11月20日閲覧。 

外部リンク[編集]