ヒヤシンス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒアシンス科
Hyacinthus sp.
Hyacinthus sp.
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : ヒアシンス科 Scilloideae
学名
Scilloideae
Burnett
タイプ属
Scilla L.
シノニム

ヒアシンス科(ヒアシンスか、ヒヤシンス科、学名: Hyacinthaceae)は、ダールグレン体系およびAPG IIにおける単子葉植物である。APG IIIではキジカクシ科に含め、ツルボ亜科(ツルボあか、学名: Scilloideae)とする。

古い分類(クロンキスト体系新エングラー体系)ではこの科を認めず、ユリ科に含めている。

形態・生態[編集]

球茎鱗茎を持った多年草である。

6弁の小さなを、散形花序または総状花序に咲かせるものが多い。

分布[編集]

アジア西部からヨーロッパ北アフリカ南アフリカと、一部熱帯アフリカに分布する。日本自生種はツルボのみ。

下位分類[編集]

APG II では、41-70770-1,000ほどを含むとされる。ヒアシンスムスカリ、シラー、ガルトニア英語版ユーコミス英語版など、日本でも観賞植物として栽培される種が多数含まれている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]