ヒポライト・ピクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒポライト・ピクシー: Hippolyte Pixii1808年 - 1835年)は、フランスパリ出身の技術者。ファラデーの電磁誘導の法則を用いて、1832年に交流発電機の原型となる手回し発電機(ダイナモ)を発明した。ピクシーのダイナモは交流を生じたため、アンドレ=マリ・アンペールらの提案により交流を直流に変換する整流子を発明した。ピクシーは完全に電磁誘導を理解していたわけではなかったが、ピクシーのダイナモは今も利用されている発電機や電動機の原型と言える。