ヒナタイノコヅチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒナタイノコヅチ
ヒナタイノコズチ
愛媛県広見町、2001年10月8日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
亜科 : Amaranthoideae
: イノコヅチ属 Achyranthes
: イノコヅチ(広義) A. bidentata
変種 : ヒナタイノコヅチ
A. b. var. fauriei
学名
Achyranthes bidentata
Blume
var. fauriei
(H.Lév. et Vaniot)[1]
シノニム

Achyranthes bidentata
Blume
var. tomentosa
(Honda) H.Hara
Achyranthes fauriei
H.Lév. et Vaniot

和名
ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)、ヒナタイノコズチ、オニイノコヅチ

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌、学名: Achyranthes bidentata var. fauriei)は、ヒユ科イノコヅチ属多年生草本。日当たりのよい道端原野に生える雑草である。

和名は、イノコヅチ(ヒカゲイノコヅチ)よりも日当たりのよい場所に生えることから。

特徴[編集]

は地中深くに伸び、引き抜きにくい。

は節で枝分かれする。

対生

期は8-9月で、緑色小花を咲かせる。果実は人の衣服の体に付着し運ばれる。

分布・生育地[編集]

中国および日本に分布する。日本では、北海道の一部、本州四国九州に生える。

利用[編集]

本種または A. bidentata(本種の基本種)の乾燥させるとゴシツ(牛膝)という生薬になり、月経不順利尿腹痛関節痛強壮などに利用される。牛膝は牛膝散折衝飲などの漢方方剤に使われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、354-355頁。ISBN 4-635-07001-8
  • 伊藤ふくお写真、丸山健一郎文『ひっつきむしの図鑑』北川尚史監修、トンボ出版、2003年、66-67頁。ISBN 4-88716-147-6
  • 岩瀬徹『形とくらしの雑草図鑑 : 見分ける、身近な280種』全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2007年、34頁。ISBN 978-4-88137-135-0
  • 亀田龍吉、有沢重雄『花と葉で見わける野草』近田文弘監修、小学館、2010年、176頁。ISBN 978-4-09-208303-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]