ヒドロキシエチルルトシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒドロキシエチルルトシド(Hydroxyethylrutoside, HR, HER)とは、ルチンの誘導体。ルチンのアグリコンであるクェルセチンの1つ以上の水酸基(-OH)が O-β-ヒドロキシエチル基(-O-CH2-CH2-OH)に置換した構造をもつ化合物の総称。医薬品としてはOxerutinの一般名で呼ばれることが多く、その主成分はトロキセルチンである。[1] 血管保護作用があり慢性静脈不全など静脈疾患の症状改善に使用される。

化合物名 CASNo 日化辞番号 KEGG PubChem 構造
モノキセルチン
(Monoxerutin)
23869-24-1 J34.317J
J692.897H
D07179 9852585 Monoxerutin.svg
トロキセルチン
(Troxerutin)
7085-55-4 J9.645H
J692.177I
D07180 5486699 Troxerutin.svg
Tetra-O-(β-hydroxyethyl)rutoside 31511-31-6
6980-20-7
165560

脚注[編集]

  1. ^ Oxerutins”. Drugs.com. 2018年3月14日閲覧。