ヒトリシズカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒトリシズカ
Chloranthus japonicus.JPG
福島県会津地方 2008年5月
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
: センリョウ目 Chloranthales
: センリョウ科 Chloranthaceae
: チャラン属 Chloranthus
: ヒトリシズカ C. japonicus
学名
Chloranthus japonicus
和名
ヒトリシズカ

ヒトリシズカ(一人静、学名: Chloranthus japonicus )は、センリョウ科 チャラン属多年草

分布と生育環境[編集]

北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内、林縁に自生する。

特徴[編集]

ヒトリシズカの写真集

高さは10-30cm。は4枚が輪生状に付き光沢があり、縁には鋸歯がある。花期は4-5月で、茎の先に1本の穂状花序を出し、ブラシ状の小さな白いをつける。

一本で生えるのは稀で、普通群生する。

かつては「吉野静」といった。『和漢三才図会』には静御前吉野山で歌舞をしたと書いてあり、その後、静のきれいさになぞらえたもの[1]。近縁種のフタリシズカが花穂を2本以上出すのと対比させた。『和漢三才図会』には謡曲で静の幽霊が二人となって一緒に歌舞をしたのが起源という[2]

近縁種[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧野(1961)、p.74
  2. ^ 小林祥次郎『人名ではない人名録』(勉誠出版 2014年p.28)。

参考文献[編集]

  • 牧野富太郎、『牧野 新日本植物図鑑』、(1961)、図鑑の北隆館