ヒデ三好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒデ三好(ヒデみよし、1975年9月20日 - )は、鳥取県倉吉市出身の格闘技トレーナー

柔道相撲中学県大会優勝。柔術ヨーロッパ選手権青帯フェザー級3位。

東京・西新宿にて「HIDE'S KICK!」を主宰。 レスリングでのインターハイ&国体出場、プロキックボクシング2戦2勝の経験を活かした独自の格闘技理論を展開する。

K-1小比類巻貴之堀啓ZST所英男ほか、格闘技選手のトレーナーを務め、2004年には、プロ修斗のタクミ(パラエストラ大阪)をKOTCライト級チャンピオンに育て、ストラッサー起一の第5代HEAT総合ルールウェルター級王座決定戦の勝利にも貢献した。 プロレスリングNOAH所属のプロレスラー、谷口周平は中学校と高等学校の後輩にあたる。

主催する道場HIDE'S KICK!にはバンタム級キング・オブ・パンクラシスト石渡伸太郎、第4代修斗バンタム級王者神酒龍一、UFCファイター佐々木憂流迦、元修斗世界ライト級王者日沖発等、現役格闘家も出稽古に訪れる。 その他、政界や芸能界まで幅広く指導。

本人曰く、「人前で話すのが大の苦手」のこと。

2014年9月からCARPE DIEM広尾でキックボクシングエクサイズを開催。

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]