ヒツジグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒツジグサ
ヒツジグサ
ヒツジグサ(群馬県尾瀬ヶ原・2002年8月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
: スイレン目 Nymphaeales
: スイレン科 Nymphaeaceae
: スイレン属 Nymphaea
亜属 : Nymphaea
: Chamaenymphaea
: ヒツジグサ N. tetragona
学名
Nymphaea tetragona Georgi1775
シノニム
和名
未草
英名
pygmy water-lily[1], pygmy waterlily[1], small white water-lily[1], northern small white water-lily[1]

ヒツジグサ(未草、学名: Nymphaea tetragona)は、スイレン科スイレン属に属する多年生水草の1種である。水底にを張った地下茎から長い葉柄を伸ばし、水面に円形の葉を浮かべる。花期は6月から9月、長い花柄の先についた1個の花が水面上で咲く。花の大きさは直径 3–7 cm萼片が4枚、多数の白い花弁と黄色い雄蕊がらせん状についている。

ヒツジグサの名の由来は、未の刻 (午後2時) 頃にを咲かせるためとされることが多いが[3]、この頃に花が閉じ始めるためともされる[4][5]。中国名は睡蓮または子午蓮であるが、日本語での睡蓮 (スイレン) はスイレン属の総称として用いられる[6]

特徴[編集]

ヒツジグサは多年生浮葉植物である[3][7]地下茎は太く短い塊状で直立し、無分枝、ここから葉が生じる[3][7][8][9][10]。地下茎で栄養繁殖することはない[9]。沈水葉の葉身は矢じり形から楕円形、長さ 15 cm 以下であり、薄い[7]。浮水葉の葉柄は長く、葉身が水面に浮かぶ[3]。浮水葉の葉身は卵円形から楕円形、8–19 x 5–12 cm、基部は深く切れ込み (切れ込みの幅はさまざま)、全体は無毛、裏面は赤紫色を帯びる[3][7][8][9][10] (上図、下図1a, b)。

1a. ヒツジグサは浮水葉 (左) と (右)
1b. ヒツジグサの浮水葉と花
1c. ヒツジグサの花

花期は6–9月、地下茎から長い花柄を生じ、水面上で直径 3–7 cmが単生する[3][7][10] (上図1a, c)。萼片は4枚、長さ 2–3.5 cm、外側は緑色、内側は緑白色、宿存性で果時にも残る[3][9][10] (上図1c)。萼片基部の花托は上から見て正方形[7][10]花弁は8–17枚、長さ 2–2.5 cm、白色、らせん状につく[3][7][10] (上図1c)。雄蕊は多数、花弁から連続的にらせん状につき、外側の雄蕊の花糸は扁平で花弁と中間的[7][9][10] (上図1c)。花の中央では多数の心皮が輪生し、合着して1個の雌蕊となり、柱頭盤には5–8条の柱頭が放射状に配列している[7][10]。柱頭盤の外側には、偽柱頭とよばれる突起が存在する[3][9][10]。開花は2〜3日間であり、1日目は雌蕊が成熟 (雌性期)、2日目に雄蕊が成熟 (雄性期) する雌性先熟である[7][8][9]。雄性期には偽柱頭が内曲し、柱頭盤を覆う[3][9]。花後、花柄がらせん状に収縮して水中に没し、果実は水中で熟する[3][7][8]。果実は漿果、直径 2–2.5 cm、熟すと果皮が崩壊し、種子を放出する[8][9][10]。種子は仮種皮で覆われており、しばらく水面を浮遊するが、やがて水底に沈む[8][9]。種子は卵形で長さ 2–3.5 mm、暗黄褐色、細点紋が縦列している[9][10]染色体数は 2n = 112[3][10]

分布・生態[編集]

北米北西部、ヨーロッパ東北部、シベリア東アジアインド北部にかけて分布し、海抜 0 m の地域から標高 4,000 m の高地まで報告されている[10][2]。日本では北海道から九州にかけて生育している[3][7][8]

中性から弱酸性貧栄養中栄養、または腐植栄養 (植物遺骸など有機物が蓄積している) のため池や湖沼、水路などに生育する[7][8][9][8][11][12]

コイアメリカザリガニの食害に弱い[9]

保全状況評価[編集]

ヒツジグサは日本全体としては絶滅危惧等に指定されていないが、下記のように地域によっては絶滅危惧種に指定され、また既に絶滅した地域もある[13]。また変種とされるエゾベニヒツジグサ (下記) は絶滅危惧II類に指定されている[13]。絶滅・減少の要因としては、池沼の開発や水質の悪化等があげられる。以下は2020年現在の各都道府県におけるレッドデータブックの統一カテゴリ名での危急度を示している[13] (※埼玉県東京都では、季節や地域によって指定カテゴリが異なるが、下表では埼玉県は全県のカテゴリ、東京都では最も危惧度の高いカテゴリを示している)。

人間との関わり[編集]

Nymphaea tetragona 'Joanne Pring'[14]

ヒツジグサは観賞用に栽培されることがある[15][16][17]。一般的な観賞用スイレンにくらべると葉や花が小さく、花弁数が少ない[15]。またヒツジグサをもとに、さまざまな園芸品種が作出されている[17] (右図)。花言葉は「清純な心、純潔、清浄、甘美、信仰、遠ざかった愛」[18]

地下茎や葉柄を食用とする地域もある[16]。また生薬とし (生薬名は睡蓮)、暑気あたりや酒酔いに対して薬効があるとされる[19]

系統と分類[編集]

の基部の湾入が比較的浅いものはエゾノヒツジグサとして分けられることがあるが、変異は連続的で明確には分けられない[3]。また北海道北部・東部には、柱頭とその周辺の雄蕊が紫色となるものがおり、変種エゾベニヒツジグサ (Nymphaea tetragona var. erythrostigmatica Koji Ito) とされる[3][7]

ヒツジグサは北半球に広く分布するが、の特徴に変異が大きい。北米ヨーロッパの個体は北緯40°以北の亜寒帯域に生育し、背軸側 (裏側) に隆起した葉脈をもつ薄い葉、明瞭に四角形の花托、花の中央部が紫色という特徴をもつ[10]。このような特徴はロシア韓国北海道の個体にも見られる (上記のエゾベニヒツジグサに相当する)[10]。一方、中国南部、日本ベトナムの個体は葉脈部が陥没した厚い葉、四角形があまり明瞭ではない花托、花の中央部が黄色いという特徴をもつ[10]。北米やヨーロッパでは、このような個体は Nymphaea tetragona var. angusta とよばれ栽培されている[10]。しかしこのような個体は、1805年に William Kerr によって中国広東省から送られたものに由来しており、Castalia pygmaea (= Nymphaea pygmaea) とされていたものに相当する[10]。そのため、東アジア温帯域以南に生育するもの (北海道北東部を除く日本のヒツジグサを含む) は、Nymphaea pygmaea として分けるべきであることが示唆されている[10]。また予備的な分子系統学的研究からも、カナダフィンランドの"ヒツジグサ" (Nymphaea tetragona) と東アジアのヒツジグサ ("Nymphaea pygmaea") が系統的に区別できることが示唆されている[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x GBIF Secretariat (2021年). “Nymphaea tetragona Georgi”. GBIF Backbone Taxonomy. 2021年4月27日閲覧。
  2. ^ a b c Nymphaea tetragona”. Plant of the World online. Kew Botanical Garden. 2021年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 伊藤元巳 (2015). “スイレン科”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 1. 平凡社. pp. 46–48. ISBN 978-4582535310 
  4. ^ 吉野政治 (2012). “ひつじ草 (睡蓮):「日花 (ゾンネブルーム)」について”. 同志社女子大学大学院文学研究科紀要 12: 1-12. NAID 120005651667. 
  5. ^ スイレンの別名も持つヒツジグサ”. [1]. 養命酒製造株式会社 (2017年7月). 2021年4月30日閲覧。
  6. ^ エゾベニヒツジグサ”. 十勝の川の生き物たち. 帯広開発建設部 治水課 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 角野康郎 (1994). “ヒツジグサ”. 日本水草図鑑. 文一総合出版. pp. 109–112. ISBN 978-4829930342 
  8. ^ a b c d e f g h i 浜島繁隆・須賀瑛文 (2005). “ヒツジグサ”. ため池と水田の生き物図鑑 植物編. トンボ出版. p. 58–59. ISBN 978-4887161504 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 松岡成久 (2014年2月27日). “ヒツジグサ”. 西宮の湿生・水生植物. 2021年4月23日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Flora of China Editorial Committee (2018年). “Nymphaea tetragona”. Flora of China. Missouri Botanical Garden and Harvard University Herbaria. 2021年4月27日閲覧。
  11. ^ 角野康郎 (1982). “水草と pH (2)”. 水草研究会報 8: 8-10. NAID 10030093944. 
  12. ^ 下田路子 & 橋本卓三 (1993). “ため池の水草の分布と水質”. 水草研会報 25: 13-15. NAID 10024286902. 
  13. ^ a b c ヒツジグサ”. 日本のレッドデータ 検索システム. 2021年4月18日閲覧。
  14. ^ Nymphaea tetragona 'Joanne Pring'”. LONGWOOD GARDENS. 2021年4月30日閲覧。
  15. ^ a b kurumi (2020年2月2日). “ヒツジグサ(未草)とは?特徴やスイレンとの違い・見分け方をご紹介!”. BOTANICA. 2021年4月30日閲覧。
  16. ^ a b Nymphaea tetragona Georgi”. Flora & Fauna Web. 2021年4月30日閲覧。
  17. ^ a b Nymphaea tetragona - Pygmy Waterlily, Chinese Waterlily”. Water Garden Plants. 2021年4月30日閲覧。
  18. ^ ヒツジグサ(羊草)の花言葉”. 花言葉の手帖|はなこと. 2021年4月30日閲覧。
  19. ^ ヒツジグサ”. 熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース. 2021年4月30日閲覧。
  20. ^ Borsch, T., Wiersema, J. H., Hellquist, C. B., Löhne, C. & Govers, K. (2014). “Speciation in North American water lilies: evidence for the hybrid origin of the newly discovered Canadian endemic Nymphaea loriana sp. nov.(Nymphaeaceae) in a past contact zone”. Botany 92 (12): 867-882. doi:10.1139/cjb-2014-0060. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]