ヒッカム空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッカム空軍基地
Hickam Field

Pacific Air Forces.png

Hickam-1977.jpg
IATA: HIKICAO: PHIK
概要
空港種別 軍民共用
運営者 アメリカ空軍
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州真珠湾
標高 13 ft / 4 m
座標 北緯21度19分07秒 西経157度55分21秒 / 北緯21.31861度 西経157.92250度 / 21.31861; -157.92250
滑走路
方向 全長 表面
ft m
4L/22R 6,952 2,119 舗装
4R/22L 9,000 2,743 舗装
4W/22W 3,000 914 海面
8L/26R 12,300 3,749 舗装
8R/26L 12,000 3,658 舗装
8W/26W 5,000 1,524 海面

ヒッカム空軍基地(Hickam Field)はハワイ州ホノルルにあるアメリカ空軍基地アメリカ海軍真珠湾基地と2010年統合されJoint Base Pearl Harbor-Hickamとなった。滑走路ホノルル国際空港と共有している。太平洋空軍の管轄であり、太平洋空軍司令部のほか、第13空軍司令部と同第15空輸航空団およびハワイ州兵を中心とした部隊が所在している。

概要[編集]

1935年に基地を開設した。名称はホレース・ミーク・ヒッカム中佐(Horace Meek Hickam)にちなんでいる。真珠湾の南東に位置するが隣接する米海軍とのジョイントベースである。1941年12月の真珠湾攻撃においては、日本軍の攻撃を受けた。1944年までは戦闘機および爆撃機が配備されていたが、それ以降は輸送機の基地となっている。1971年以降は、第15空輸航空団が配備され、基地の運営も同航空団が行っている。2005年には第15空輸航空団の属する第13空軍司令部がグアム島のアンダーセン空軍基地から移転した。

開設時から現在に至るも、アメリカとアジアを結ぶ太平洋航空路の結節点の基地であり、アメリカ空軍にとって重要な拠点の一つとなっている。