ヒステリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒステリー発作から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒステリードイツ語: Hysterie, 英語: hysteria, ギリシア語: ὑστερία)とは、神経症の一種で、精神医学において転換症状と解離症状を主とする状態に分かれて研究された過去の呼称である[1]。現在は、DSM-IVでは身体化障害と記され、他の書籍では転換型は転換性障害、解離型は解離性障害に属す障害とされる。

フロイト以前[編集]

ヒステリーは、「子宮」を意味する古典ギリシア語の ὑστέρα が由来。

ヒステリーは、紀元前の『ヒポクラテス全集』に由来する言葉で、脳や精神の機能を知らなかった古代ローマでは女性の様々な病気の原因としての子宮に、因果関係に求めて生まれたものである[2]。現代のヒステリーの状態につながるような記載は、歴史においてまれで断片的である[2]

ヒステリーの原因は19世紀初頭まで女性の骨盤内うっ血によるものだと精神科医たちの間で定説であった。キリスト教の教えにより女性が性行為を望むことは社会的に異常行動と考えられていたため、欲求不満からくるヒステリー行動は精神病の一つとされていた。

1563年、オランダの医師ピーテル・ファン・フォーレスト(1512-97)は、昔から伝わるヒステリーなどを含めた「女性の病治療」に賛同し「産婆の手技による性器への直接のマッサージ刺激」が効果的だと医学的所見をまとめ「貞淑な未亡人や修道女に有効な効果がみられる」と記しており「売春婦や既婚女性はこの施術を行うより配偶者(異性)との性行為が効果的である」との見解を述べている。

フランスの医師アンリ・スクテトンは、若干の圧がかかった水流で女性器を刺激する「水力打診器」の有効性を認めており、「この器具を用いた診療で患者は最初、若干の痛みに驚くものの、それらがもたらす振動と肉体的反応によって次第に落ち着きを取り戻し、暫くすると皮膚が火照り、それら複合的要因によって患者に快感がもたらされる。時間にして4~5分、患者は足取り軽く気分良く帰宅の途に着く」と1843年の文書に記している[3]

フロイト以降[編集]

19世紀後半にシャルコーが催眠術を治療に用い、ヒステリーの心因性が分かった[1]ジークムント・フロイトはヒステリーの目的を求め、症状には目的があるとし、ブロイエルは無意識によって耐えがたい記憶が検閲され(抑圧され)、症状という形をとって表出していると考え、催眠術によってアンナ・O英語版の症状が消失することを確認していた[4]。フロイトは心理的な葛藤が麻痺や運動機能の亢進に置き換えられる転換という防衛機制から転換ヒステリーに注目、カール・グスタフ・ユングは夢遊状態、憑依状態から二重人格型の状態に注目した[1]森田正馬は宗教の過信によって起こる祈祷性精神病は女性に多く見られるとした[5]

転換型と解離型に分けて考えられてきた[1]。ヒステリーという言葉そのものは使われなくなった[1]。世界保健機関の『ICD10』では、解離性[転換性]障害のカテゴリに個々の診断名が含まれ、このカテゴリの説明では、ヒステリーの用語は様々な意味を持つので避けるのが最善と記される。1994年に発表された、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』の第四版(DSM-IV)では、身体表現性障害の大分類の項にて、身体化障害の説明として、歴史的にヒステリー、また、ブリケ症候群と呼ばれたと記している[6]。転換型が身体表現性の転換性障害、解離型が解離性健忘、解離性とん走として位置づけられているとする場合もある[1]

転換型
先立って心理的葛藤やストレスがあり、知覚の麻痺や、運動系のけいれんなどを起こすなど感覚や運動系の症状が多様な場合[1]
あるいは失声や、発声困難など単一の症状の起こる場合[1]
解離型
外傷的なストレスの強い体験を想起できなくなり通常の物忘れを超えた健忘が起きるとか、あるいは、突如放浪し、過去の記憶を忘れてしまっている[1]

DSM-IVの編纂委員長アレン・フランセスによれば、身体に症状があることで助けを得られる地域で多く、当時は暗示にかかりやすい人々が催眠術師の元に集まったが、精神科医の存在する地域ではもっと認知や情緒の症状を訴えるということである[7]

除外されたもの[編集]

また医学の進展は、気管支喘息多発性硬化症重症筋無力症のような歴史的にヒステリーとされた疾患を解明し、疾患として独立させた[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i (編集)小此木啓吾、大野 裕、 深津千賀子 『心の臨床家のための必携精神医学ハンドブック』 創元社、1998年、167-169頁。ISBN 4-422-11205-8
  2. ^ a b Reynolds, Edward H. (2018年). “Hysteria in ancient civilisations: A neurological review”. Journal of the Neurological Sciences 388: 208–213. doi:10.1016/j.jns.2018.02.024. PMID 29525297. 
  3. ^ When The Earth Was Flat"All the bit of science we got wrong" graeme donald『図説偽科学・珍学説読本』原書房、2013年3月
  4. ^ J.A.C.ブラウン 『フロイドの系譜―精神分析学の発展と問題点』 誠信書房、1982年、14-16頁。ISBN 441442710X Freud and the Post-Freudians, 1961.
  5. ^ 『神経学雑誌』(1915年)の初出について以下に掲載:森田正馬『迷信と妄想』白揚社、1983年。
  6. ^ 『DSM-IV-TR』§身体表現性障害
  7. ^ アレン・フランセス 『〈正常〉を救え―精神医学を混乱させるDSM-5への警告』 大野裕(監修)、青木創(翻訳)、講談社、2013年10月、205-207頁。ISBN 978-4-06-218551-6 Saving Normal, 2013.
  8. ^ 荒田仁、高嶋博「ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の神経障害:自己免疫性脳症の範疇から」、『神経内科』第85巻第5号、2016年11月、 547-554頁。