ヒステリア (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒステリア
Hysteria
監督 ターニャ・ウェクスラー英語版
脚本 スティーヴン・ダイヤー
ジョナ・リサ・ダイヤー
原案 ハワード・ゲンスラー
製作 サラ・カーティス
ジュディ・カイロ
トレイシー・ベッカー
製作総指揮 マイケル・A・シンプソン
エリック・ブレナー
ケン・アチティ
サンドラ・シーガル
レオ・ジョセフ
ナタリー・ジョセフ
マーク・クレス
ハカン・クーセッタ
クローディア・ブリュームフーバー
フローリアン・ダーゲル
ピーター・フダコウスキ
スティーヴン・ダイヤー
出演者 ヒュー・ダンシー
マギー・ジレンホール
ジョナサン・プライス
フェリシティ・ジョーンズ
音楽 ガスト・ワルツィング英語版
撮影 ショーン・ボビット
編集 ジョン・グレゴリー英語版
製作会社 Informant Media
Forthcoming Productions
配給 フランスの旗 Haut et Court
ドイツの旗 Senator Film
日本の旗 彩プロ
公開 ロシアの旗 2011年11月17日
フランスの旗 2011年12月14日
ドイツの旗 2011年12月22日
イギリスの旗 2012年9月21日
日本の旗 2013年4月20日
上映時間 100分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
言語 英語
興行収入 $9,504,139[1]
テンプレートを表示

ヒステリア』(Hysteria)は2011年イギリスフランスドイツルクセンブルク合作のロマンティック・コメディ映画。 「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーター19世紀末に女性のヒステリーを治療するために発明された医療器具だったという実話をベースに、1人の青年医師の発明と恋愛をめぐる珍騒動を描いている[2]。 2011年9月に開催された第36回トロント国際映画祭で初上映された。

ストーリー[編集]

19世紀末、ヴィクトリア朝イギリスロンドンで働く青年医師モーティマーは、科学的な先進医療を積極的に取り入れようとしていたが、迷信がまかり通る当時の医学界では煙たがられるだけで、職場を転々とせざるをえない日々を送っていた。そんな彼はふとしたことからダリンプル医師のクリニックで助手として住み込みで働くことになる。ダリンプル医師は女性医療の第一人者で、独自の「マッサージ治療」を用いてヒステリーに悩む多くの女性たちを治療し、評判を呼んでいた。若い美男のモーティマーを目当てにした女性患者が増えたクリニックはますます評判となる。そんな中、モーティマーはダリンプル医師の貞淑で聡明な次女エミリーと互いに惹かれ合うが、エミリーの姉で女性の自立と解放を目指している進歩的な女性シャーロットに、ぶつかり合いながらも、次第に惹かれて行く。ところが、働き過ぎたモーティマーは腱鞘炎となって治療ができなくなったためにクリニックをクビになってしまう。傷心のモーティマーだったが、裕福な発明家の親友エドモントの協力によって電動のマッサージ器を開発し、ダリンプル医師のクリニックに持ち込む。モーティマーは職場に復帰し、クリニックは更に評判となる。

モーティマーとエミリーの婚約を祝うパーティが開かれる。ところがそこに現れたシャーロットが、運営している貧しい人たちのためのシェルターの土地をめぐる騒動のはずみで、警官を殴り倒してしまったために逮捕される。彼女の裁判が行なわれ、シャーロットは女性の権利を主張、更に証人としてモーティマーが彼女を擁護する。これに多くの人々が感銘を受け、自分たちが古い価値観に縛られていたことに気付く。こうしてモーティマーとシャーロットは互いに生涯のパートナーであることに気付く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Hysteria (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2014年8月17日閲覧。
  2. ^ ヒステリア”. WOWOW. 2014年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]