ヒスイ輝石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひすい輝石
ひすい輝石
分類 ケイ酸塩鉱物
化学式 NaAlSi2O6
結晶系 単斜晶系
へき開 二方向に完全
モース硬度 7
光沢 ガラス光沢
白色淡緑色
条痕 白色
比重 3.3
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

ヒスイ輝石[1](ヒスイきせき、翡翠輝石、jadeite、ジェダイトジェイダイト)は輝石グループの鉱物宝石として珍重されている翡翠のうちの「硬玉」である。本翡翠とも呼ばれる。

ナトリウムアルミニウムを含む単斜輝石で、化学組成は NaAlSi2O6。Al が Fe3+ に置換したものがエジリン輝石、Cr3+ に置換したものがコスモクロア輝石(kosmochlor)。

純粋なものは白色だが、微量のクロムを含有すると緑色、微量の鉄やチタンを含有すると紫色になる。

概要[編集]

現在はミャンマーロシアグアテマラメキシコが主な産地であるひすい輝石だが、世界最古の産地は日本の可能性があるとする学者もいる[2]日本海沿岸の古代国家の一つ「」が翡翠を採掘、加工していたと記録されている。しかしながら、なぜか弥生時代から翡翠はいつしか採掘されなくなり、鉱床も放置された。それから長い年月が過ぎたのち、昭和初期になって、かつての鉱床周辺(新潟県糸魚川市周辺など)にひすい輝石の産地が再発見された。

翡翠と呼ばれているものの歴史は古く、中でも中国の歴史では和田玉のような国産ネフライトで稀少価値が高いものが工芸品として広く使われ、ビルマ産(カチン州)のジェダイトは更に珍重されてきた。日本では翡翠はジェダイトとして、よく名前を知られている宝石ではあるが、本翡翠(翡翠輝石)は産出量が極めて少ないため高価で取引されている。

利用[編集]

石斧として加工されたヒスイ輝石
リング状の加工例

石器時代には、硬い事から石斧。

日本での利用の歴史は縄文時代に遡り、硬玉の利用は縄文時代前期末から始まる。北海道から沖縄まで流通している。日本における硬玉の露頭産地は、新潟県糸魚川と青海川上流の二カ所のみである。富山県境の境A遺跡(富山県朝日町)は、硬玉原石の集散地であり、加工を行っていた拠点集落で、数千点にもおよぶ原石、加工途中の未製品が出土している。完成品は交易で他所へ運ばれたらしく余り出土していない[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ 堀秀道著 『楽しい鉱物図鑑』 草思社1992年ISBN 4-7942-0483-3
  3. ^ 原田昌幸「石棒、玉類などの分布からみた交易」(独立行政法人文化財研究所・奈良文化財研究所監修『日本の考古学 -ドイツで開催された「曙光の時代」展』小学館 2005年)67-68ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]