ヒシャーム・イブン・アブドゥルマリク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Siria (damasco), califfo hisham, dirhem omayyade, 724-743.JPG

ヒシャーム・イブン・アブドゥルマリク691年 - 743年2月6日)は、ウマイヤ朝の第10代カリフ(在位:724年 - 743年)。

生涯[編集]

父は第5代カリフのアブドゥルマリクである。724年に即位する。

彼の時代はまず外圧に苦しめられた。ホラーサーンとその東北部では西突厥から自立した突騎施(トゥルゲシュ)の攻撃を受け、イラン系先住民のマワーリーと土着化したアラブの合体による反政府運動、権力をめぐる南北アラブの対立・抗争などである。またハワーリージュ派に扇動されて蜂起したベルベル人の反乱を740年から742年の2年にかけてようやく鎮定した。

内政ではイラク総督のハーリド・アルカスリーの支援を得て干拓・灌漑による農地の拡大で財政を再建した。またヒシャームはアブドゥルマリクを除けば歴代カリフの中でも19年という長期の在位を保ち、没落傾向にあったウマイヤ朝に最後の安定期をもたらした。だが腹心のハーリドはのちにマワーリーの税制問題から失脚。740年にはザイド・ブン・アリー[1]クーファシーア派に擁立されて反乱(ザイド・ブン・アリーの乱)を起こすなど、すでにウマイヤ朝は末期的状況に置かれていた。なお、この反乱自体は簡単に鎮圧し[2]、ザイドを処刑している。

743年に54歳で死去した。跡を甥のワリード2世が継いだ。

なお、孫であるアブド・アッラフマーン1世アッバース革命の際にウマイヤ家の一族が皆殺しに遭った際、イベリア半島に逃れて後ウマイヤ朝を建て、初代アミールとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正統カリフだったアリー・イブン・アビー・ターリブの次男・フサインの孫
  2. ^ 反乱計画が事前に総督に漏れていたという[要出典]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
ヤズィード2世
ウマイヤ朝
724年 - 743年
次代:
ワリード2世