ヒガシヤデリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ヒガシヤデリカ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
174-0054
東京都板橋区宮本町38番8号
設立 1990年(平成2年)3月
業種 食料品
法人番号 4011401005368
事業内容 セブン-イレブン向け調理麺
焼きたてパンの製造
代表者 代表取締役社長 萩原 修
資本金 8,000万円
純利益 ▲21億7327万2000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 44億7888万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 東松山工場社員49名 パート他300名
北関東工場社員42名 パート他230名
外部リンク 株式会社ヒガシヤデリカ
テンプレートを表示

株式会社ヒガシヤデリカは、エスビー食品グループの食品加工企業である。

概要[編集]

エスビー食品100%子会社として、1990年3月コンビニエンスストアセブン-イレブン」向けの総菜(調理めん焼きたてパン等)を製造する専門の会社として設立された。社名の由来は、1923年(大正12年)4月5日に創業して初めて国産のカレー粉を製造したとされるエスビー食品の前身である「日賀志屋(ヒガシヤ)」にちなんでいる。

東松山工場では調理めんを製造しており、各共同配送センターへ輸送後、主に関東地方のセブン-イレブン各店舗に配送されるシステムになっている。また、北関東工場では焼きたてパンを製造しており、主に群馬県栃木県を中心とした北関東のセブン-イレブン各店舗に配送される。

なお、本社は東京都板橋区のエスビー食品本社(スパイスセンター)内となるが、実質的な事務は埼玉県東松山市の東松山工場で行っている。

沿革[編集]

  • 1990年3月 - 設立
  • 1990年6月 - 東松山工場稼動
  • 1996年2月 - 北関東工場稼動
  • 2015年5月 - 岩手工場稼働
  • 2019年10月 - 岩手工場をフジフーズへ譲渡

事業所[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]