ヒカガクレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒカガクレコード
設立 2000年
ジャンル J-POP
日本の旗 日本
公式サイト http://hikagaku-records.main.jp/

ヒカガクレコードは、下和田ヒロキが主宰するレコードレーベル

概要[編集]

2000年に下和田ヒロキの個人音楽活動レーベルとして”秘科学少年研究所”を設立。

「下和田裕貴」「秘科学少年旅楽團」などの名義で作品を発表。

2007年川原慶久と共にパフォーマンスユニット「時計仕掛けのブリキおじさん」を結成。

シングル「キリギリスの儚」を発表。

2008年9月に山下智治 (MiYAMO) を共同作業者として迎え、現・レーベル名を”ヒカガクレコード”へと変更する。

業務内容[編集]

下和田ヒロキの楽曲制作の他、ドラマCD・PCゲーム・テレビ番組のサウンドトラック及び音響制作

主な楽曲制作及び音響制作[編集]

  • CX「SMAP×SMAP」(コーナージングル)
  • CX「baby SMAP」(コーナージングル)
  • CX-web「フジテレビッツ」(「F・T・B〜フジテレビッツのうた〜」、「ガンバリアン体操」、「みんなのガンバリアン」)
  • 第一生命保険「Withパートナー自動音声」(音響制作)
  • 龍角散web、VP(BGM)
  • SMILY☆SPIKY(宮野真守髙木俊による)「運命のシノプシス」(詞曲提供)
  • ゆーたく(小野友樹江口拓也による)「トワイライト」(詞曲提供)
  • ドラマCD「おしおきセールスマン」(BGM、音響効果)
  • ドラマCD「あたしの僕くんシリーズ」(BGM、音響効果)
  • PCゲーム「オメルタ CODE:TYCOON」(BGM ※瑠夏ベリーニのイメージ楽曲)
  • イベント「黒田崇矢30周年記念ライブ」(音楽プロデュース) 

ヒカガクレコード リリースデータ[編集]

“秘科学少年研究所”時代を含む

TAPE

  • 1998年 - アルバム「下和田裕貴/変声期」
  • 1998年 - シングル「下和田裕貴/砂鉄」

CD

  • 1999年 - アルバム「下和田裕貴/声長期」
  • 2001年 - アルバム「秘科学少年旅楽團/宝船」
  • 2003年 - シングル「秘科学少年旅楽團/ぼくらのロケット」
  • 2004年 - シングル「下和田ヒロキ/PANORAMA」
  • 2007年 - シングル「時計仕掛けのブリキおじさん/キリギリスの儚」
  • 2007年 - アルバム「秘科学少年旅楽團/秘宝」
  • 2009年 - シングル「秘科学少年/鼓動」
  • 2010年 - 企画盤「works2010」
  • 2012年 - マキシシングル「下和田ヒロキ/Believe In Music」
  • 2013年 - 企画盤「仕事蟲-works2-」
  • 2014年 - シングル「下和田ヒロキ Q/咆哮ゴールデンタイム」
  • 2016年 - EP「下和田ヒロキ BYE-NOW」

配信

  • 2013年7月20日 - シングル「chameleon man」
  • 2013年8月27日 - シングル「最後の砂浜」
  • 2013年10月10日 - シングル「往く人来る人」
  • 2013年10月24日 - シングル「オリジナルラッキー」
  • 2014年1月1日 - シングル「幸男」
  • 2017年4月1日 - シングル「業界の人」

other

  • 2013年 - Windows専用PCゲーム「下和田ヒロキの ゲームで開店!ひーちゃんカレー」

外部リンク[編集]