パーヴェル・ベリャーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーヴェル・ベリャーエフ(1965年の写真)
ベリャーエフをモチーフにしたソビエト連邦の6コペイカ切手(1965年)

パーヴェル・イヴァノヴィチ・ベリャーエフПавел Иванович Беляев、ラテン翻字の例:Pavel Ivanovich Belyayev、1925年6月26日 - 1970年1月10日)は、ソビエト連邦宇宙飛行士。1965年、ボスホート2号アレクセイ・レオーノフと共に宇宙へ飛び立った。ベリャーエフは操縦士としてレオーノフを補佐し、この飛行でレオーノフが史上初の宇宙遊泳を行った。チェリシェヴォ(Челищево)生まれ。モスクワで没。

ベリャーエフは、1960年、ソビエト連邦の空軍海軍が15年近くをかけて進めていた宇宙計画の用員として選出された。彼は本来ヴォストーク8号で地球のヴァン・アレン帯中を飛ぶ予定であったが、このミッションは中止となった。

胃潰瘍の手術に起因する腹膜炎で1970年に死亡し、モスクワのノヴォデヴィチ(Новодевичий)修道院に埋葬された。

パーヴェル・ベリャーエフはソ連邦英雄(1965年3月23日)、レーニン勲章、赤星勲章、および多数の賞を与えられている。彼はまたブルガリア社会主義労働英雄、ヴェトナム英雄、モンゴル英雄といった外国の称号も得ている。

1969年にソ連の天文学者リュドミーラ・チェルヌイフが発見した小惑星、2030ベリャーエフはパーヴェル・ベリャーエフの名にちなむ。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Schmadel, Lutz D. (2003). Dictionary of Minor Planet Names, 5th, New York: Springer Verlag, p. 164. ISBN 3540002383.