パーヴェル・ゲルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラ・バヤデール』「影の王国」でのパーヴェル・ゲルト、ニキヤ役はマチルダ・クシェシンスカヤ、1900年

パーヴェル・アンドレエヴィチ・ゲルト: Павел Андреевич Гердт, Pavel Andreyevich Gerdt, 1844年11月22日 - 1917年8月12日) は、ロシアバレエダンサーである。

ロシア帝室バレエ団で活躍し、チャイコフスキーの3大バレエ白鳥の湖[1]眠れる森の美女くるみ割り人形)の王子役を初演した人物として知られている。

プロフィール[編集]

パーヴェル・ゲルトは、1844年にサンクトペテルブルク近郊で誕生した。

ゲルトはアレクサンドル・ピメノフ(Alexander Pimenov)の指導を受け、1860年に舞台デビューを飾った。彼は19世紀後半のロシア・バレエにおける代表的男性バレエダンサーで、マリウス・プティパ振付作品の多くで主役級の役柄を演じている。

ゲルトは1916年に現役を引退し、1917年にフィンランドで死去した。

ゲルトはバレエ教師としても活動し、生徒にはミハイル・フォーキンヴァーツラフ・ニジンスキージョージ・バランシンタマラ・カルサヴィナアンナ・パヴロワなどの名前が残っている。

彼の娘エリザヴェータ・ゲルト(en:Elizaveta Pavlovna Gerdt1891年 - 1975年) も、バレエダンサーとして活躍し、後にはバレエ教師としてさまざまな人材を育てた。

主な主演作品[編集]

エピソード[編集]

  • 56年間にわたって現役ダンサーとして活躍を続けていた、ゲルトの実年齢を知る者はいなかった。それを尋ねる者がいると、ゲルトは「23歳だ」と答えるのが常だったという。

脚注[編集]

  1. ^ 1895年のマリウス・プティパとレフ・イワノフによる蘇演版である。