パーヴェル・アルテミエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パーヴェル・アルテミエフПавел Артемьевич Артемьев1897年 - 1979年)は、ソ連の軍人。大将。

経歴[編集]

1918年、赤軍に入隊。1920年、全連邦共産党(ボリシェヴィキ党)入党。特別課の系統で勤務する。1938年、フルンゼ名称軍事アカデミーに入校し、同年、内務人民委員部(NKVD)独立師団長。1941年からNKVD作戦軍局長。

独ソ戦時、政治的に重要なモスクワ軍管区司令官に任命された。1941年10月~1943年10月、モスクワ防衛地区長を兼任。強制労働を利用して、防衛線の整備に努めた。

戦後も、モスクワ軍管区司令官に留まる。ヨシフ・スターリンの死後、ウラル軍管区副司令官に左遷。

1946年から1954年までソ連最高会議代議員。1952年から1956年までソ連共産党中央委員会委員。